Quick Adsense

WordPressで作ったブログで記事の最後に広告を表示したいときには、広告管理プラグインがいくつかありますが、「Quick Adsense」というプラグインを使えば、テーマのソースコードに書き込む必要もなく、管理画面から一括挿入できるので使い勝手が良いかと思います。

プラグインは公式サイトにあるので、新規追加で「Quick Adsense」と検索すれば出てくるのでインストールして有効化すれば、あとは管理画面から編集するのみ。記事の最後だけでなく、はじめや途中にも挿入することもできる簡単で便利なプラグインです。

アドセンスと楽天ウェジットを全記事の最後に自動挿入してみる

Quick Adsense

例えばこんな感じに、Google AdSenseと楽天ウェジットを表示させたいときには、それぞれの広告コードを入力し、変更保存をするだけでOK!

設置方法

やり方は、SettingよりEnd of Postにチェックを入れ、Ads1を選択

Quick Adsense

下にスクロールしていき、先ほど選択したAds1のところに表示したい広告コードを入力します。

Quick Adsense

今回は、アドセンスと楽天ウェジットの2つを一緒に表示させたいので、両方のタグを入れなければなりません。はじめにアドセンスコード、次に楽天ウェジットのコードとつなげて挿入するのですが、コードの間に半角スペースを入れてあげると、2つの広告が区別されて良いかも。

全角で入力すると文字化けするので注意!

アドセンスのソースコードを取得するときには、広告名は半角で入力しないと、Ads1で保存したあとに文字化けします。(問題はないと思うけど)半角スペースも全角スペースにしてしまうと、これも文字化けします。

「Quick Adsense」は高機能

「Quick Adsense」は使い勝手の良い広告管理プラグインになります。表示したい場所を選べたり、任意の広告をランダムで表示させたりすることもできます。

  • Beginning of Post → 記事の始め
  • Middle of Post → 記事の途中
  • End of Post → 記事の最後
  • the <!–more–> tag → <!–more–>タグの後
  • After Paragraph → 何段落目の後と選べる
  • After Image → 画像の後

こんな感じに挿入できるところも選べて、広告も10枠の中から、またはランダムと表示させるのものも選択可能

ウェジットにも対応していて、こちらも10枠も入力することができます。

いろんな広告にも使える

今回は記事の最後だけに表示させてみましたが、アドセンスや楽天ウェジットだけでなく、他の広告を入れても良いかと思います。ただ広告だらけになってしまうと、せっかくのコンテンツが台無しになってしまうので程々が良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加