2013-04-23 23.12.40

テレビ東京の番組「主治医が見つかる診療所」2013年4月22日放送 基礎代謝UPで痩せて 健康になるSP で基礎代謝をあげるにはインナーマッスルを鍛えれば良いというのをやっていました。基礎代謝が上がればエネルギー消費量が増え、事前と痩せるというのでダイエットにも効果があるというもの。

インナーマッスルを鍛える

つらい負荷のかかる筋力トレーニングなどをしてアウターマッスルを鍛えるよりも、低負荷で簡単に鍛えることができるインナーマッスルの方が、効果的に基礎代謝の向上に役立ちます。効果的に鍛えられるようないろんな体操なども紹介されていましたが、インナーマッスルを簡単に鍛えるためには手軽に出来ることを続けていくことが良いのではないでしょうか。

そのなか1つに、バランスボールやストレッチポールの紹介もあり、バランスボールに座っているだけとか、長い筒状のストレッチポールの上に寝てゴロゴロ動かすとう簡単なものです。不安定なものの上でバランスをとるので自然と鍛えられるようですね。

バランスボールの代わりにバランスディスク

バランスボールに座っているだけとか、ほんとに手軽で簡単にインナーマッスルの強化になりますが、、大きいボールを家の中に置いとくと邪魔だとか、転んだら危ないとか、家庭環境により置いておくのが難しい場合もあるかもしれません。そんな時にはサイズの小さいバランスディスクがおすすめ!

座布団代わりに座っているだけで効果があると思いますので、より気軽に鍛えることができるのではないでしょうか。小さいので邪魔になりづらいし、違うトレーニングをするのにも良いと思いますよ♪

 

ちなみに自分は、下半身強化のトレーニングにも利用しています。

スノーボードシーズン間近!オフトレに最適なバランスディスク

 

また、バランスディスクを2つ利用してその上で腕立て伏せとかをすると、上半身のインナーマッスルを鍛えるなんてことにも使えますね。

こんな人におすすめ

  • 運動が嫌いな人
  • 逆に効率よくトレーニングしたい人
  • 太りやすい体質の人
  • 継続力のない人

毎日の生活の中で、座るときにバランスディスクを利用すればいいだけ。椅子やソファーの上に置いてしまっても良いと思います。不安定になることにより、それを保とうと姿勢が良い状態になっていれば、なんでもOK!普段の生活に無理なく取り込むことで、継続してトレーニング効果が得られるようになるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加