聞き流すだけで英会話が身につくというスピードラーニングですが、個人差があるので実際にそんなにすんなり身につくものではないと思います。しかし英会話を習得しようとする意欲のある人なら聞いていて損はないものでしょう。

スピードラーニングで英会話を習得しようと試みるなら、すぐに話せるようになるものでなく長期間にわたり学習をして習得するものです。それの時間を短縮して効果的に習得するために、2倍速で再生する速聴という方法をおすすめしたいと思います。すでにスピードラーニングを持っている方から、これから購入を検討しようとしている方も参考に♪

速聴の効果

2倍速で再生すると、どんな効果があるのか簡単に説明しておきます。

  • 速いスピードでなれると、通常のスピードが聞き取りやすくなる
  • 学習時間の短縮になる
  • 脳が活性化する

速聴で聞いているとはじめは聞き取りづらいかもしれませんが、集中して聞こうと身体が自然に反応し、能力を上げられるようです。

用意するもの

  • スピードラーニング
  • パソコン(iTunes)
  • iPod touch、もしくはiPhone

ここで紹介する速聴方法は、iTunesの入れてあるパソコンにスピードラーニングを取り込んで編集をします。自分の場合はiPod touchの4世代を使用しています。

iPod touchで2倍速再生をする

iTunesの編集

スピードラーニングをiTunesに入れただけでは2倍速再生をすることができません。少しだけ編集する必要があるので一番簡単な方法を紹介しておきます。

  1. プレイリストを作る
  2. ミュージックからオーディオブックに変更
  3. iPod touchと同期する
  4. iPod touchで2倍速再生
プレイリストを作る

他の音楽データがあると編集しづらくなるので、スピードラーニングだけのプレイリストを作成しておくことをおすすめします。

ミュージックからオーディオブックに変更

プレイリストから、一番上の曲名を右クリックしプロパティを選択

iPod touchで2倍速再生をする

プロパティのオプションより、メディアの種類を変更します。

iPod touchで2倍速再生をする

デフォルトではミュージックになっているメディアの種類をオーディオブックに変更します。少し面倒なのですが、すべてのスピードラーニングデータをオーディオブックに変更しなければいけないのです。

ここで、一番初めのデータをオーディオブックに変更したら、完了させるためにOKとしてしまうと画面が閉じてしまうので、またオプション画面を開く必要になり、それではいちいち開かなければいけないのでめんどくさい事になってしまいます。そのため、すべてのデータを簡単に変更するためにプレイリストを作成しています。OKではなく左下の次へにいくと、次のデータに行くのでウィンドウを閉じずに済みます。

ショートカットキーで簡単に変更する方法

更に時間を短縮して簡単に変更するために、Altキーを使用すると良いでしょう。Windowsの場合、次へ(N)と表示されます。これはキーボードのAltキーとNを同時に押すとショートカットできることを表しています。ショートカットすると2つ目データのオプションに移行するので、そこでまたミュージックからオーディオブックに変更します。これの繰り返しですね。

オーディオブックに変更するときも↓キーを利用することで、マウス使用せずにすべてのデータを簡単に変更できます。

はじめのデータでオーディオブックを選択した後はマウスレス

  • Alt+N
  • ↓キーを3回
  • Alt+N
  • ↓キーを3回
  • Alt+N

これの繰り返しで最後まで行けます。最後になると次へを選択できなくなるので、そこまで行ったらOKで終了します。

iPod touchを同期させる

iPod touchを同期させる時もプレイリストを選択すればOK。メディアの種類をオーディオブックに変更してしまうとミュージックには表示されなくなってしまいます。プレイリストを作成しておけば、プレイリストとしては残っているので、それを選択すれば一括で同期できます。

スピードラーニングのデータはブックに収納されています。

iPod touchで2倍速再生をする

iPod touchで2倍速再生

iPod touchで2倍速再生をする

ミュージックアプリで再生し、右上に表示されている1×をタップすると2×(オレンジ色)になり、2倍速のスピードで試聴することが出来るようになります。ちなみにもう一度タップすると1/2×となり、半分のスピード。

聞いている時に、なんて言ったんだろう??と疑問んい思った時には、15秒単位で戻すことができるもの便利な機能。語学勉強をするにはオーディオブックに設定しておくと便利に学習出来ますね♪

iPod nanoでも倍速再生可能

iPhoneやiPod touchを持っていない人は、iPod nanoの購入を検討してみても良いかと思います。以前使用していたiPod nano第4世代でも、音声スピードを遅い、普通、速いという選択ができました。やり方は再生中にセンターボタンの長押しで選択可能。世代によりやり方は異なるかと思います。

古い端末であれば、ブックオフやハードオフなどで中古品が安く購入できます。低予算で速聴したいときには十分でしょう。

スピードラーニングのデータ容量の参考に

スピードラーニングでは、1巻で英語と日本語が入ったCDと英語のみのCDの2枚が入っています。16巻でCD32枚、236のデータで17.7時間です。これだけの時間でも容量は1.92GBしかありません。

スピードラーニングは全48巻ありますが、全部一気に聞くことは出来ないので容量の少ない端末でも十分対応できるかと思います。容量が足りなくなった場合にはプレイリストを作成し編集すれば良いですしね。

効率よい学習方法

スピードラーニングに興味が有る方の多くは、英会話学校に通う時間や予算の無い方、他の勉強方法を試してもだだった方、無理なく続けられる教材を探している方だと思います。通勤や通学中や、開いた時間に聞き流すだけなので負担はないでしょうが、効果が実感できないと続けることが難しいものなのかもしれません。

簡単に英会話が話せるようになるとは言いませんが、2倍速で速聴をし続けることにより、通常のスピードで聞き直した時には成長の度合いを実感できるかと思います。速聴は時間の短縮だけでなく、学習効率も上がるので試してみてはいかがでしょうか。

10日間の無料試聴付き♪聞き流すだけの『スピードラーニング』

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加