スピードラーニングのiOSアプリ

スピードラーニングが公式にiPhone/iPad/iPod touchで利用できるiOS版の学習アプリを提供しだしたようなので試してみました。

アプリの利用は購入者のみ

スピードラーニング スピードラーニング
掲載時価格: 無料(サイズ: 35.7 MB)
カテゴリ: 教育
App Storeで詳細を見る

 

アプリのインストールはAppストアから誰でもダウンロード出来ますが、アプリを起動するとログイン画面が表示されるだけなので、スピードラーニングの購入者でないとログインすることができないです。

スピードラーニングのiOSアプリ

アカウントを作成していない場合には、下に表示されている未登録の方はこちらにて、購入時に送られてくる「出荷通知メール」か、商品に同梱されている「ご利用明細」に記載されているお客様番号と仮パスワードを入力する必要があり。

iOS版アプリの使い方

iPhoneやiPadでも利用できますが、今回はiPod touchで利用しています。

ログイン時のホーム画面

スピードラーニングのiOSアプリ

ホーム画面では、左上に設定アイコンから購入済コンテンツのダウンロードをすることができます。上部にはMYコンテンツと表示されているだけですが、Appストアの詳細情報にはサポートと動画というのも表示されていたので、今後アップデートされる予定かもしれません。

画面下には、コンテンツ、ブックマーク、進歩/履歴と表示されています。はじめはコンテンツがなにも入っていない状態なので設定よりダウンロードしておきます。

設定よりコンテンツのダウンロード

スピードラーニングのiOSアプリ

設定よりコンテンツのダウンロードができます。

スピードラーニングのiOSアプリ

ダウンロード状況をみてみると、ダウンロード済みのコンテンツはありません。と表示されています。上部の未ダウンロードから1つずつダウンロードするか、右上のフォルダアイコンより、全てダウンロードを選択することで購入済みのものを一気にダウンロードすることもできます。

スピードラーニングのiOSアプリスピードラーニングのiOSアプリ

自動ダウンロードのオン

スピードラーニングのiOSアプリ

自動ダウンロードをオンにしておくことでも一気にダウンロード出来ます。これはおそらくコンテンツを追加購入した時に通信能力があれば自動でダウンロードしてくれる機能でしょう。手動で十分かな・・・

ダウンロードしたコンテンツの削除

スピードラーニングのiOSアプリ

ダウンロード済みのコンテンツは右上の編集をタップすると削除アイコンが表示されるようになるので、ここで削除可能。削除したコンテンツは未ダウンロード状態になるだけなので、いつでも再ダウンロードすることができます。

ヘルプのよくある質問

スピードラーニングのiOSアプリ

設定にはコンテンツのダウンロードの他に、よくある質問があります。タップすることで詳しく表示。

スピードラーニングのiOSアプリ

1巻あたり20MB~40MBぐらいのようで、スピードラーニング英語の48巻全てをダウンロードすると約1.4GBの容量になるようです。iTunesに入れるよりも容量はかなり少ないですね。

コンテンツを表示する

スピードラーニングのiOSアプリ

コンテンツの表示はわかりづらい・・・ホーム画面のEnglishをタップすると表示されます。記事作成現在は英語しか対応していないようですが、複数言語のコンテンツが収納された場合にはスライドさせて表示させるためでしょうか。

スピードラーニングのiOSアプリ

ダウンロードしてある英語のコンテンツが表示されるので聞きたい巻をタップします。

スピードラーニングのiOSアプリ

英語ー日本語バージョンと、英語のみバージョンが選べ、学習したい項目をタップして再生する。

スピードラーニングのiOSアプリ

再生は1項目聞き終わると、次の項目に自動で進んでくれます。ここで早送りや巻き戻し、スクラブ(高速)、リピート再生、シャッフル再生、5秒戻す、ブックマーク等の操作ができます。

左上の<マークで再生しながら他の操作もできます。またアプリを閉じても再生しているので、iPod touchの他の操作をすることも可能。

再生中や中断した学習項目の再表示

スピードラーニングのiOSアプリ

再生中のものや、以前聞いていた途中の物を表示したいときには右上に>で表示されているので、ここをタップすることで戻ることが可能。

ブックマークの利用

再生中にブックマークするをタップすると、音声が一時停止し、画面が切り替わるので、ブックマークしたいフレーズをタップして選択します。

スピードラーニングのiOSアプリ

選択すると右側に付箋が表示され、ブックマーク完了。

スピードラーニングのiOSアプリ

ブックマークよりいつでもそのフレーズから再生することができます。

英文確認ができる

ちょっと気になったフレーズがあった時に英文の確認ができるというのも、このアプリのメリットかも。欲を言えば再生しながら英文が読めればよかったのですが、ブックマークするをタップしてしまうと再生中の音声は止まってしまいます。今後のアップデートに期待したい所。

進歩/履歴の使い方

スピードラーニングのiOSアプリ

進歩/履歴では目標時間の設定、学習時間の確認、聞き流し進歩の確認ができます。

今週の目標時間の設定

目標時間の設定は中央の1:00ペンマークの部分をタップで編集

スピードラーニングのiOSアプリ

今週の聞き流し時間を設定するということで、一週間の目標時間を決めておきます。デフォルトでは1時間

スピードラーニングのiOSアプリ

学習時間を達成するとトロフィーが表示されます。

学習時間の確認

スピードラーニングのiOSアプリ

その週の学習時間を確認することができます。

聞き流し進歩状況

スピードラーニングのiOSアプリ

スピードラーニングの言語ごと表示してくれるようです。

スピードラーニングのiOSアプリ

パーセンテージで表示してあり、100%になると緑色になります。

スピードラーニングのiOSアプリ

巻の項目ごとの確認ができ、どれだけの時間を学習しているのか時間で確認することもできます。ここで項目をタップすることで再生画面を呼び出すことも可能。

スピードラーニングのiOSアプリ

選択したトラックを聴くときには、英語のみと英語-日本語の選択をします。

iOSアプリのメリットとデメリットを考えてみる

アプリで英語の学習ができる事自体がメリットですが、iOSアプリを使ってみた感想をメリットとデメリットで分けてみます。※記事作成時の状況です。今後よりよいものにアップデートされると思います。

iOSアプリのメリット

  1. コンテンツをインストールする手間が省ける
  2. 容量が少なくて済む
  3. ブックマークができる
  4. 英文の確認もできる
  5. 学習状況が把握できる

といったところでしょうか。

iOSアプリを利用できる環境がある人なら、iTunesで学習することが多いと思います。CDをわざわざ読みこむ必要がないというのはメリット。また、音楽データよりも容量が少なくて済むというのもメリット。

アプリの特性を活かして、iTunesではできないブックマークや英文の確認もできるので学習効果は高くなりそう。学習状況の確認ができることによりモチベーションアップにもつながるかもしれません。

iOSアプリのデメリット

  1. 巻をまたいで再生できない
  2. 購入者しか利用できない
  3. 購入済みのものしかダウンロード出来ない
  4. 英文のテキストを確認しながら聞けない

せっかくのアプリなのですから聞くだけでなくもっと機能がほしい所。デメリットというより今後のアップデートの要望になってしまいます。

Appストアのレビューにも書かれていましたが、巻をまたいで再生ができないので対応して欲しいという声があるようです。また、詳細情報にはきっちり「スピードラーニング受講者様専用の無料聞き流しアプリ」と書いてはありますが、インストールしただけでスピードラーニングが体験できるものかと勘違いしてしまうものかも?はじめに無料で視聴できる分だけでも入っていると良いのですけどね。そうすれば気に入ってくれた人の購入も促せるのに・・・通販購入だけでなくダウンロード版というのもあるともっと良いのかもしれません。

あと対応してほしい機能ですが、英文を見ながら聞ける様になればなお良いです。この要望も多そう。ブックマークから英文の確認はできますが、音声が止まってしまうので聞きながらは読めない。アプリなのでこの機能は欲しいところです。

今後のアップデートに期待

まだリリースされたばかりなので、これからもっと良くなってくれるものだとは思います。中国語版、韓国語版、フランス語版、スピードラーニング・ジュニア用のアプリも現在開発中とAppストアには書いてありました。Android版のアプリもそのうち提供してくれるかもしれないですね。

iPhone/iPad/iPod touchなら速聴学習もおすすめ

iTunesでスピードラーニングを管理しているのなら、2倍速で聞く速聴ができるので、以前投稿した記事も参考に
スピードラーニングを2倍速で聞く効果的な英会話学習方法

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加