Dropbox 

「スマートフォンの写真をパソコンで表示したいんだけど、どうしたら良い?」と友人から聞かれたので、迷わずDropboxをおすすめしてみました。すると、その友人は早速Dropboxのアカウントを取得し、アプリをインストールしてみたようです。

写真の同期もすぐにできたようで「これ便利!」と喜んでくれました。しかし「表示できない写真があるけどなんで?」と聞かれてしまい・・・。その質問自体がよく分からなかったのですが、あとから聞いてみたところ、Dropboxの中にはあるのだけれども、写真タブで表示されないということのようです。

Dropbox

通常はこの↑画像のように、写真を年月別に一覧表示してくれるはずなんです。それが表示されない?なぜでしょう。もっと詳しく聞いてみたところ、表示されない写真は「無音カメラ」というアプリで撮影したものかもしれないということが判明。

その写真のデータに原因があるはず。ということで、写真のプロパティを調べてみると、やはり撮影日時が空欄になっていました。

写真のプロパティ

撮影日時をとりあえず現在の時間に設定してみると、しっかり写真タブで表示されるようになりました。Dropboxではこの撮影日時というプロパティをしっかり読み込んで表示してくれているんですね。かしこい!逆に言うと撮影日時が空欄のデータは、画像や動画として認識してくれないということです。

複数データを変更するときには

原因がわかったのでデータを修正していきます。この時に対象写真のプロパティをいちいち表示させると時間が掛かってしまい面倒なので、写真が入っているフォルダを「コンテンツ」の表示に切り替えて上げると編集しやすいです。(ブラウザ表示では編集できないので、Dropboxのクライアントソフトを予めインストールしておく必要があります。)

Dropboxに入れた写真の編集

コンテンツ表示にしてあげると、TabキーとCursorキー(矢印キーのこと)だけで撮影日時の編集が可能。

  1. 撮影日時を変更したい写真にカーソルを合わせ
  2. Tabキーを押す
  3. 矢印キーで撮影日時の変更
  4. Enterで保存
  5. 矢印キーで次の編集したいデータへ移動
  6. 2~5の繰り返し

撮影日時が表示されていないデータは写真タブで表示されないデータになります。表示されるようになればOK。このやり方だと見た目でも撮影日時が表示されるので、編集が完了したかどうかも確認できます。

共有して作業ができるという便利さ

この作業は、LINEで会話しながらDropboxで写真のデータをクラウド上で共有してもらい、離れた場所から自分が編集してあげられました。しかし、すごい便利な世の中になったもんだと、つくづく実感してしまいます。

こちらも参考に
Dropboxの使用例

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加