富士山からの景色

googleが富士山をストリートビューで見れるように公開しました。しかも1合目から山頂まで全部対応。さらに剣ヶ峰まで見れるので、山頂の火口をぐるっと廻るお鉢巡りも自宅に居ながらできちゃいます。


大きな地図で見る

山頂からの景色もバッチリ!

少し動かし辛い部分はありますが、なんとなく雰囲気を味わうことは出来るのではないでしょうか。

撮影は人力で

この撮影はバックパッカー型の機材「トレッカー」を使い、人力で撮影したそうです。トレッカーには、5メガピクセルのカメラを15台搭載していて、重量は約18キロ。2つのバッテリーを詰め込んで一日中の撮影を可能なんだそうです。

撮影状況もYouTubeにアップされています。

こんなのを背負ってよく撮影してくれました。お疲れ様です!

登山道から下山道まで状況の把握に便利

富士登山をしたことがない方でもどんな状況なのか、下調べをするのに便利かもしれません。富士山の関係者の方も、このサービスが提供されることにより、軽装での登山や、睡眠などを取らずに山頂を目指す弾丸登山の抑制に役立つのではと期待しているそうです。

ストリートビューでは天気の良い日に撮影が行われていますが、晴天ばかりではないので、山の天候には気をつけたほうが良いです。天気が良いときでも、いきなり雷がなったと思ったら、次の瞬間には氷が降ってくるなんてこともあります。富士登山を検討している方は、そんなことも想定しておくのが良いですよ♪

富士山の火口を見る方法

グーグルマップにて富士山と検索、もしくはgoogleで富士さんと検索して地図をクリック

富士山をストリートビュー

基本操作は、左側に人型のマークがあるので、左クリックをしながらAの位置まで持っていくだけ

富士山をストリートビュー

人型を移動させると、青色で表示されている部分をストリートビューで確認することができます。

この時に人型の下にあるバーの+が拡大になるので、ピンポイントで移動させたいときには少し拡大しておくとスムーズに表示できるかもしれません。

富士山をストリートビュー

Aのちょっと上に行ってみると、大体の周辺画像が表示されます。移動しながら表示してくれるのでここで着地点を選べば、ここからストリートビューの堪能です。

富士山をストリートビュー

登山道を歩いている人の視点で表示されるので、ここで右を向いてみます。左上にある丸矢印で向きたい方向に

富士山をストリートビュー

これで富士山の河口付近の表示ができます。雪が残ってますね。

富士山をストリートビュー

黄色いLINEの矢印の方向にしか移動できないので、火口の中まで行くことはできないのが残念な所。行けたらほんとすごいけど・・・

時間があればいろいろためしてみると面白いかも

富士山 → http://goo.gl/maps/RFZ7s

御来光は実際に見てほしい

富士山からの御来光

7月19日、富士山頂からの御来光の写真です。天気が良ければ、ホントに綺麗に見ることができます。準備をしっかりして是非チャレンジしてみてください♪

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加