ThinkPad X240s

レノボのパソコンは直販サイトから購入するとクーポンが使えるので、自分が欲しいパソコンがどの程度安くなるのかちょっと調べてみました。

自分用のパソコンを探すときは持ち運べるものを選ぶので、いくつかの基準をもうけてあります。

  1. 画面の大きさは12~13インチぐらいが目安
  2. 電池の持ちがどのくらいあるか
  3. 重さがどのくらいになるか

大きいとかさばるし、重くなるので小さめのパソコンにしたいです。しかし小さすぎても使い勝手が良くないので12~13インチぐらいの大きさを基準にしています。

ハイパフォーマンス・モバイルのTinkPad Xシリーズ

ThinkPad X240s

直販サイトで調べてみると、ThinkPadのXシリーズがハイパフォーマンス・モバイルなので自分の購入したいサイズに該当しそうです。

ThinkPad X240s

Xシリーズのラインナップには X1 Carbonもあり、これは14型なので今回は却下。14型だと自宅で使用するノートパソコンとしては調度よいとは思うのですが、頻繁に持ち運ぶことを考えいるとやはり12.5型のX240sになります。

ThinkPad X240sの特徴

わずか約17.7mmの厚さに、約1.34kgの軽量と今までにない究極のウルトラブックとしてアピールされている最新型のThinkPad X240s

画面のサイズは12.5型でちょうどよいサイズ。Windows8のタッチパネルにも対応させることも可能だが、対応させると1.5kgと重量は増えてしまうようです。値段も高くなるし対応させないほうが良いかな。

バッテリー駆動時間は最大 約11.8時間とけっこうな時間持ってくれます。ちなみにマルチタップディスプレイに対応させると駆動時間が最大 約9.6時間と短くなってしまうようです。やっぱりタッチパネルは必要ないですね。

ThinkPad X240s

直販モデルの初期パッケージにて大体の見積金額が表示されます。ここからカスタマイズをして自由に変更できるので、必要なものを追加していくのが良いです。店頭ではこうは行かないので、パソコンは直販サイトから購入することをおすすめします。

ThinkPad X240sのカスタマイズ

ThinkPad X240sをカスタマイズして見積もりを出してみます。

どうせなのでイチオシ構成のハイパフォーマンスパッケージからカスタマイズ

ThinkPad X240s

デフォルトではカメラが搭載されていなかったので、追加してみます。金額も2,100円しか上がらないので追加しておくのがよさそうです。

続いてハードディスクを128GBのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)に変更。17,850円も高くなってしまいますが、持ち運び用のパソコンならSSDの方がパフォーマンスが良いので、これは譲れない所です。容量は少なくなってしまいますが、クラウドストレージを利用することで解消できます。

SSDのほうが静かで速い、電池の持ちが良くなりますし、衝撃にも強いというメリットが有ります。デメリットは容量が少なくなり値段が高くなるというだけ、ちょっとぐらい予算オーバーをしてでも変更する価値はあります。一度SSDを使ってみると普通のハードディスクには戻りたくないというぐらいです。

この2つを変更してみたところ、金額が199,920円

ThinkPad X240s

クーポンを適応すると5万円も安くなり、149,940円。※クーポンは購入時期により割引率が代わるかも

この高性能スペックで15万円を切るってスゴイですね。

参考にしてみてください♪

 

クーポンはレノボの直販サイトから取得できます。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加