ThinkPad Edge E430

レノボのパソコンThinkPad Edge E430を借りたので少しいじってみました。レノボのThinkPad Edgeシリーズはスタンダードノートブックで、E430は14型のノートパソコンになります。持った感じは若干重い気がするので、持ち運びには不向きかな。たまに持ち運ぶとか近い場所で移動するとかなら、さほど気にならないかも。

スペックを調べてみると高性能プロセッサー搭載パッケージのもので、CPUは インテル Core i7-3612QM プロセッサー 2.20GHz で、メモリーも8GBを積んでいます。これだけのパフォーマンスのものであれば、通常10万円以上はするでしょう。

レノボの公式直販サイトで、これと同じようなものを直販カスタマイズモデルを購入で価格を調べてみます。ThinkPad Edge E430cと、cの付いた最新のものだと、CPUがCore i7-3632QMとよくなっているのにこの値段。

  • 販売価格:¥83,580
  • E-クーポン適用後: ¥66,864 (税込)

※E-クーポンの割引率は時期により変更があるかも

これだけのスペックでこの値段で購入できるとなると、コストパフォーマンスはかなりのものです。ただし一般的に使うには性能が良すぎるので、仕事をする人向けになるかもしれません。

CPUをインテル Core i5-3230M プロセッサーにグレードを下げて、メモリも4GBほどあれば十分。この構成だとハイパフォーマンスパッケージの【イチオシ構成】として、5万円台で購入可能です。これでもかなり高性能。

ThinkPad Edge E430の外観

ThinkPad Edge E430

天板は光沢がないマットブラック。電源が入っているとThinkPadのiが赤く光ります。

ThinkPad Edge E430

キーボードの方も赤く光ります。無駄に・・・

ThinkPad Edge E430

左側面にはファンの排気口があり、アナログRGBとHDMIの映像端子、USBが3つもあります。

ThinkPad Edge E430

右側面には、電源端子、インターネットケーブル端子、DVDドライブ、USB、イヤホンジャック。

USBが全部で4つもあるので自由に使えそう。全面にはSDカード用のスロットルのみ、背面にはファンの排気口があるだけで何もなくシンプル。側面と背面の両方に排気口があるので、冷却効率もよさそうです。

ThinkPad Edgeシリーズを購入するなら【イチオシ構成!】

今回借りたものは、一般的にはハイパフォーマンスですが、逆に言うと中途半端なような気がします。これだけ良い構成ならハードディスクではなく、SSDのほうがパフォマンスが良くなると思います。ですが最新のEdge E430cのカスタマイズではSSDの表示がなく、これ以上良くはできなそうです。

14型パソコンの購入を検討しているのならEdge E430cの【イチオシ構成!】ThinkPad Edge E430c:ハイパフォーマンスパッケージがおすすめ!

ただし持ち運ぶ頻度が多いのであれば、11.6型のEdge E130の方が軽くて使い勝手が良いかと思います。逆にほとんど動かさないというのであれば、少し大きい15.6型のEdge E530cの方が、テンキーもあるし画面が大きくて良いかもしれません。

使う用途に応じて選んでみるのが良いですね。どれを買うにしても直販カスタマイズモデルを購入するときには、初期構成パッケージから【イチオシ構成!】を選んでおくと無難だと思いますので参考に♪

割引クーポンは、レノボの公式直販サイトから

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加