くら寿司の本格コーヒー

コンビニのコーヒー戦争が勃発している中、回転寿司のチェーン展開しているくら寿司でも本格的なコーヒーを提供するようになりました。寿司にはお茶でしょ!コーヒーなんて合わないよ思う人も多いかと思います。確かに自分も食べている時にはお茶の方がいいと思う。ケーキやパフェなどのメニューもあるので食後の一杯狙いなのか。販売戦略がどこにあるのか定かではないけど、フタ付きなので帰り際に持って帰れるというのは、個人的にはありがたいサービスです。

コーヒーの注文はタッチパネルで

さすがに、寿司と一緒にコーヒーが流れているわけではなく、注文はタッチパネル。注文が入ってから作るので挽きたてのコーヒーを味わうことができます。注文した時に寿司も一緒に頼んであると、寿司と一緒にコーヒーが運ばれてくるのも面白い光景。※くら寿司の場合は回転レーンの上に、タッチパネルで注文したときの個別運搬レーンがある。

くら寿司の本格コーヒー

器の中にコーヒーのカップが入った状態で運ばれてくる。フタ付きなのが特にうれしい。ブラックの注文の場合はそれのみだが、普通はスティックシュガーとポーションミルクが端に添えてある。取るときには器ごと、この器の数で最後のおあいそに加算されます。

コーヒーは4種類とブラック対応

コーヒーは今のところ4種類。ブラックの注文にも対応しているため、タッチパネルには7種類表示されます。

  1. ホット珈琲
  2. ホット珈琲ブラック
  3. カフェラテ
  4. カフェラテ無砂糖
  5. アイス珈琲
  6. アイス珈琲ブラック
  7. アイスラテ
  8. アイスラテ無砂糖

全て150円(税込157円)

砂糖ミルク入りと言っても、スティックシュガーやポーションミルク、アイスの場合にはガムシロップがコーヒーと一緒に運ばれてくる。基本的にはブラックが来る(ラテはミルク入り)ので、自分で好きなようにできる。

コヒーの味は濃くて酸味が強い

くら寿司の本格コーヒー

挽きたてだけあって、運ばれてきた時には熱々の状態。フタを開けてみると、挽きたての証拠ともいうべき泡だったコーヒー(ラテの泡ではない)というのが解かる。飲んでみると予想以上にウマい!少し濃い目で、本格珈琲登場と言っているだけのものではあります。

ただ、はじめはそれほど感じないけれど、時間が立ってくると酸味が増してきます。濃くて酸味がある珈琲が好きな人向けかな。砂糖やミルクを入れるとそれほど感じないかもしれません。

自分でアメリカンにすることも可能

珈琲が好きな人にはちょうど良い濃さだと思います。そんな濃いのは苦手だという人は、お茶を作るときのお湯を自分で少し足してみてはいかがでしょう。自分の好みに合わせて薄めることができるかと思います。熱いのでヤケドに注意!お店側で推奨しているわけではないので自己責任で。

食後の持ち帰りに最適

コーヒーは食後に飲みたくなるもの、たとえ寿司を食べた後でもです。自分は食後にはだいたいセブン-イレブンを探してコーヒーを買いに行くぐらいなので、このサービスはうれしいです。さらにフタ付きなので持ち帰るのにも最適。くら寿司ではラーメンも食べれるし、今後の利用率が上がりそうな気がします。

ただし、くら寿司の隣にセブン-イレブンがあった場合には、食後にわざわざ買いに行くかと思います。くら寿司のコーヒーも美味しいけれども、セブンイレブンのコーヒーに敵うところは今のところなさそうですね。

セブンイレブンのアイスコーヒーをお湯で薄めるのがおすすめ!
バリスターズカフェが好きだった人必見!セブンカフェのホットコーヒーを美味しくする方法

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加