iPod touch第4世代の設定

iPod touch第4世代はサイズが小さくてとても使い勝手が良いものですが、メモリが256MBと少ないので起動しているアプリが落ちてしまうことがよくあります。メモリは一時的な記憶領域のことで、いろんな作業を行うために必要になってくるもの。16GB、32GB、64GBといった記憶容量とは違います。記憶領域が余っていても処理できるメモリの容量が少なければ、アプリを起動していられなくなってしまうとうことです。

主に、アプリが落ちてしまう(強制終了)原因として、複数のアプリを開きすぎていたり、その他のシステムでメモリをたくさん使ってしまっているというのが考えられます。更に最近のアプリでは処理するデータが多すぎるため、メモリの少ないiPod touch第4世代では対応できないというものも多いです。iOS7にアップデート出来ないのもメモリの少なさが原因なのでしょう。

iOS6のままだと、2013年12月26日~2014年1月6日の12日間、日替わりで曲やアプリ、本、映画などがプレゼントされる「12 DAYS プレゼント」ももらえないんですね・・・そろそろ買い替えどきではあるのかもしれませんが、第6世代のiPod touchが販売されるのを期待して、もう少し利用できるように調整してみてはいかがでしょう。

アプリをこまめに終了させる

これは基本中の基本。ホームボタンを2回連続で(ダブルクリック)して、アプリを終了させることができます。ダブルクリックすると画面の下に待機中のアプリが表示されます。終了させたいアプリを長押しするとアイコンの左上にーマークが表示されるので、もう一度タップすることで終了させることができます。ここでは終了させるだけなので、削除してしまうわけではありません。ホーム画面で長押して×マークが表示された時には、そのままクリックすると削除してしまうので注意!

Wi-Fiをオフにする

iPod touch第4世代の設定

データのやり取りをしないといけないアプリでは、Wi-Fiが繋がれていないと意味が無いので、通信が必要ない場合に限りWi-Fiの設定はオフにしておいたほうが負担は少ないです。

通知設定を極力減らす

iPod touch第4世代の設定

通知設定のあるアプリでは、メモリを使用しているはず。微々たるものかもしれないのですが、必要がなければ通知を控えておくのが良いでしょう。設定の通知より、アプリごと細かく設定できます。また、おやすみモードをオンにするのも有効な手段だと思います。これを利用すれば全ての通知がオフになるはず。ちょっと戻りますが、機内モードをオンにしてもWi-Fiをオフにすることも可能。簡単にメモリの軽減したいときには便利かも。

位置情報をオフにする

iPod touch第4世代の設定

位置情報はオフにしておいたほうがメモリの負担は少なくなります。オフにしてしまうと使えないものもあるので、アプリごとにオフに設定してもいいです。あまり使っていないのであれば一括でオフにしておくのが良いでしょう。

長い間使っていないアプリは削除する

あまり使っていないアプリは、極力削除してしまうのが良いかと思います。アプリによるかもしれないのですが、起動させていなくてもバックグラウンドで動作している場合には、少なからずメモリを圧迫していることになります。ホーム画面より長押しして、×マークが出たら削除できます。

iPod touchを再起動する

電源ボタンを長押しすると、電源をオフと表示されます。これをスライドさせることで電源が切れるので、もう一度電源ボタンの長押しで再起動してくれます。調子が悪い時などにも有効なので、覚えておくとよいでしょう。

メモリ解放アプリを使う

メモリを開放(整理)してくれるアプリもあるので、利用してみるのも良いです。バッテリーセイバーというアプリが調子良かったのですが、現在販売していないみたいなのが残念・・・無料で使えるサクサクが有名もです。

${appname} サクサク for iPhone HD
掲載時価格: 無料
カテゴリ: エンターテインメント, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る

設定を調整する

上記の方法は基本的なことで、他でも紹介されているかともいます。それらをやってもあまり改善されない場合には設定を調整するのが良さそうです。iCloud、メッセージ、FaceTimeをオフにしてみましょう。

iPod touch第4世代の設定

iCloudの同期をオフにする

iPod touch第4世代の設定

iCloudと同期しているものを極力減らす。必要がなければ全部オフでも構わないぐらい。

iPod touch第4世代の設定

写真のフォトストリームもオフにしておいても良さそう。

メッセージをオフにする

iPod touch第4世代の設定

iMessageをオフにする。いろいろ試してみてもあまり変わらない時には、改善される期待大。けっこうメモリを消費しているような気がします。

FaceTimeをオフにする

iPod touch第4世代の設定

デフォルトではオンになっているかと思うので、メッセージ同様にFaceTimeもオフにしておきましょう。

完全に改善されるわけではない

これらすべてやっても、すぐに落ちてしまうアプリもあります。基本的に今の時代では、iPod touch第4世代だとスペックが足りない状況になってきているんですね。使いたかったアプリがどうしても落ちやすい、またはまったく使えないという状況も、これから多く出てくるかと思います。使えないのがどうしてもストレスになる場合には、第5世代のiPod touchを買ってしまったほうが無難かも知れませんね。

ただ、処理の軽いアプリならメモリを節約することで、まだまだ使っていくことはできます。設定を調整して試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加