Remote Mouse

Remote Mouseは、iPhone/iPod touchをパソコンのマウスとして利用することができるアプリになります。パソコンに専用のプログラムをインストールし、Wi-Fi環境でアプリと接続するため、ワイヤレスマウスとして使用することができます。リモコンとしても使えるので、自身のパソコンに使うのであればリングマウスなどが必要なくなるかもしれません。

Remote Mouseの使い方

Remote Mouseからパソコン用のプログラムのダウンロードと、モバイル端末のアプリもインストールします。

Remote Mouse

Windowsであれば、Windowsのマークをクリックするとプログラムをダウンロードできます。iPhone/iPod touchをクリックするとApp Storeが開いてくれます。両方インストールしたら、プログラムを起動させましょう。※Windowsの場合ファイアウォールの許可が必要。

Remote Mouse

iPhone/iPod touchをパソコンと同じWi-Fiで接続し、パソコンのプログラムを起動させていればStartをタップするだけで自動でつながるはず。つながらない場合は、右側のアイコンより、IPで接続するかQRコードを読み取るという2つの項目で接続環境を探すことができる。

Remote Mouse

接続が完了すると有料課金への項目があるが、左上の続くを選択すれば、マウスとして動かすことができるようになる。

Remote Mouse

一番上は広告、上の緑の部分がノートパソコンで言うタッチパッドになる。

Remote MouseRemote Mouse

いろんなジェスチャーが可能で、タップでクリック、2本指でスクロールに対応している。

Remote MouseRemote Mouse

無料版では2-Finger Swipeの横スクロールには対応してくれなかった。Mac専用のジャスチャーもある。これらのジャスチャーはホーム画面の下にある?より確認可能。

Remote Mouse

有料版を購入すると横スクロールにも対応できそう。またテキスト入力機能もあるが、無料版のままだとひらがなかローマ字のみの入力しか対応していないみたいです。変換するとダブって入力されてしまう。例えばあかと入力して変換すると「あか赤」というようになってしまうので実用性はない。便利に使いたい場合には有料版を購入するしかなさそう。

${appname} ワイヤレスマウス Remote Mouse
掲載時価格: ¥200
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
App Storeで詳細を見る

 

Remote Mouse

文字入力が必要なければ、一番左から閉じることができる。

Remote Mouse

左から2番めは、Mac専用のリモコン。

Remote Mouse

中央のPCマークをタップすると、ショートカットキーが表示される。これは便利に使えそう。

Remote Mouse

右から2番めはテンキーとして使うこともできる。

Remote Mouse

一番右では設定と、シャットダウン、再起動、スリープ、ログオフも選択することが可能。

Remote Mouseの使い心地

Remote Mouseの使い心地は悪くないと思う。マウスの代わりとしても十分に使えるアプリなのではないでしょうか。ワイヤレスで使えるのでリモコンとして操作するのが一番便利な使い方かもしれませんね。

 

パソコンにプログラムをインストールするのは、Remote Mouseから

${appname} ワイヤレスマウス Remote Mouse FREE
掲載時価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加