2014-09-16 14.51.00

ヨドバシの格安SIMをARROWS X F-10Dに設定してみたのですが、この端末だとデザリングをができない・・・ワイヤレスゲートの動作確認済み端末一覧によると利用できる端末はかなり少なく、「NTTドコモの端末ではテザリング機能はご利用いただけません。」という記載もしっかりあった。

ドコモのスマートフォンでデザリングができない理由を調べてみると、以下のサイトで詳しく書いてくれています。

テザリングをオンにすると、「端末」がAPNを強制的に「spmode.ne.jp」から「dcmtrg.ne.jp」に変更します。この仕様は、ドコモが「テザリングを使用したかどうか」を判断するために、端末が「dcmtrg.ne.jp」に切り替わるようにしているみたいです。

ドコモ系MVNOで、テザリングは使えるのか? | MVNOナビ!

またそれを回避する「APN切り替え」というアプリというのもあるようですが「Android 4.0(ICS)以降では動作しない場合があります。」ということで断念。Android4.22のARROWS X F-10Dでは無理かな・・・バージョンアップしてからシステムで制御されてしまっているとのこと。自力でプログラム変更をするしかないようですね。

プログラム変更なしでも「Easy Tether」でOK!

「Easy Tether」というAndroidアプリと、それのドライバをPCにインストールすることでプログラムの変更なしにデザリングをすることが出来ました。これはスマホ端末のデザリングをONにすることなくUSB接続でWi-Fiルーター化してしまう便利なアプリです。

アプリをインストール

まずはGoogle PlayからEasy Tether Lite (No root)をインストール。制限のない有料バージョン「EasyTether Full」もあるが無料版で試してから購入してみるのがよいでしょう。

2014-09-16 15.08.35

アプリを起動したら、Yes.run it now

2014-09-17 18.46.552014-09-16 15.09.112014-09-16 15.10.18

PCの通信環境がない場合でもスマートフォンにドライバをダウンロードすることできます。USB setup wizard→Windos setup→Downlord to smartphone and copy→Open drivers pageでダウンロードページヘ

2014-09-16 15.10.25

universal 32-bit/64-bitのリンクでダウンロードできます。PCの通信環境があるならば、こちらからダウンロードしてしまったほうがスムーズ→http://www.mobile-stream.com/easytether/drivers.html

PCにドライバをインストール

2014-09-16_15h13_21

初期設定はPCの通信環境があるところでやるのをおすすめする。2014-09-16_15h16_39

セキュリティの警告出るので自己責任で

USBデバッグモードにする

2014-09-16 15.25.522014-09-16 15.25.35

スマートフォンの本体設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェックを入れる

スマートフォンをUSB接続

2014-09-16 15.24.35

アプリを起動しUSBにチェックして、PCとUSBで接続する。USBコードはデータ通信が可能なものにすること、充電専用のものでないか要確認!

2014-09-16_15h23_20

PCに接続するともうひとつドライバがインストールされた。

アイコンクリックで接続完了

2014-09-16_16h09_45

「Easy Tether」のアイコンをクリックすると接続完了。そんなに手間のなく簡単に接続できるようになった。

2014-09-16_16h06_46_091714_072020_PM

「インターネット アクセスなし」となっているので不安になるが、この状態で接続されているはずです。

参考にしたサイト→システムサポートを担う人のブログ

無料版では制限あり

無料版では、https://から始まる決算やログインするサイトへのアクセスが出来ない、GmailやFacebookなど。X2サーバーでWordPressを運用している当ブログのアクセスもできなかった。無料版で試してみて調子が良いと判断できれば有料版の購入をしてみても良いかと思う。1,000円程度なので初期費用として考えるとかなり安い。

ワイヤレスゲートSIMと「Easy Tether」は最強かも!?

ワイヤレスゲートの480円プランのSIMでは通信速度が遅いので実用的ではないと思っていたが、そんなことはなかった。「Easy Tether」ならデザリングをONにする必要なく使えるので、Wi-Fi接続をしている状態のままPCのデータ通信が可能になる。ということは理論上、ワイヤレスゲート公衆無線LANをWi-Fi受信している状態でもUSBデザリングが可能なのではないか!?

ビックカメラのSIMでは「Wi2 300」の公衆無線LANが無料で使える特典があり、これには発行されたIDとPasswordだけあれば、他のWi-Fi内蔵対応機器に接続ができるそうです。それとは違いワイヤレスゲートではSIMが入っている端末の専用アプリからでしか接続ができないので、「Easy Tether」はかなり重宝しそうだ。

ちなみに自宅で試してみたところ、Wi-Fiを拾いながらデザリングはできた。通信速度は若干遅くなってしまうようだが問題なく使える。今度マクドナルドにでも行って試してみようかな。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加