2014-09-21 08.34.29

ガラケーからスマートフォンに乗り換えてから2年が経ち、毎月2,940円割引されていた月々サポートが終了。すると請求金額が7,293円(内通信料は27円)にもなってしまいました。自分の場合、スマホの通信は主に自宅のWi-Fiを利用していて、月に1GBも使っていないのが現状。それに7千円以上も支払っていくのはもったいない、と言うかかなりの無駄。

ドコモの新料金でパケットパックをデータSパックにすれば、2GBまで使えて月額3,500円と、今のXiパケ・ホーダイ フラット定額料 5,700円よりは安くできるようです。ドコモの継続契約年数が15年以上だと-600円と記載があるので、5,700円-(3,500円-600円)=2,800円。このプランにすることで月々4,000円程度までは抑えることはできそうだ。

スマホからガラケーに戻す

料金プランを見直しだけでも、差額で3,000円ほど改善されることがわかった。しかしそれでもまだ高いと思う。Wi-Fi環境があればスマートフォンは使えるので、いっその事ガラケーに戻してしまうことにしました。

ガラケーに戻すときのデメリット

ガラケーに戻すときには新規機種を購入しないと、料金の安いバリュープランの契約ができないというデメリットが有る。少し検索をしてみると特定の機種を持ち込めば、新規購入しなくても可能と書いてあるページがいくつか見つかりました。しかし規約が変更されているようなので、これは過去の情報と認識しておくのが良さそうです。

また、機種代金が安くなる月々サポートもそのままでは受けられないようです。そこで、契約を一度XiからFOMAに変更すると、FOMA→FOMAの機種変更になるので月々サポートの対象になります。契約事務手数料が3,000円かかってしまうが、月々サポートで割り引かれる料金のほうが多いので知っておいたほうが良い情報です。

XiからFOMAに戻しても月々サポートが受けられる方法

格安SIMで元のスマホを使いこなす

スマートフォンからガラケーに戻したことで、今まで使っていたARROWS X F-10DがWi-Fi環境でしか通信能力がなくなってしまいました。そこでヨドバシカメラから月々480円という、格安のSIMが発売されたばかりだったので試しに購入してみました。

480円の格安SIMでも予想外に調子が良い!ヨドバシカメラオリジナル ワイヤレスゲート WiFi+LTE SIMカード

480円の一番安いプランは、データ通信使い放題で制限がない代わりに、下り最大250kbpsと低速であるもの。これがなかなか調子が良いです。非常用かなと思ってあまり期待していなかっただけに、ちょっと感動さえしてしまった。LINEやパズドラなどの通信は問題なく、Skypeでのビデオ通話さえ出来てしまいます。

ほんと今まで支払っていた高額な通信料は何だったんだろうと思ってしまうほど。ただ、動画の再生にはまったく向いていない。データの読み込みに時間がかかるので、これはストレスになるかも。

ヨドバシの格安SIMをARROWS X F-10Dに設定してみた

設定は自身で行う必要がある。APN(アクセスポイント)の設定さえできれば簡単に開通できます。届いたその日に使えるようになり、2年縛りなどもなく、解約するときの違約金が発生しないので試してみる価値あり!

ドコモ端末でもデザリングができた

ワイヤレスゲートのSIMとドコモの端末の組み合わせでは、ほぼデザリングができないというのを知った上で自分は契約をしています。しかし、少し調べてみるとデザリングができる方法が見つかったので試してみました。

ヨドバシの480円SIMでもアプリでPCとデザリング可能!「Easy Tether」

通信速度は遅いものの非常用としては十分使えます。自分はたまにしか利用しないので、できないと思っていたものができたのは嬉しい。東京に行った時になどに、WiMAXを1日契約する必要がなくなります。しかも「Easy Tether」を使うとWi-Fiで電波を拾いながらデザリングが出来てしまう。

ワイヤレスゲートSIMを使いマクドナルドでデザリングしてみた

ワイヤレスゲートの公衆無線LANサービスを無料で利用できるというのも、このSIMのメリット。マクドナルドで試してみた時には、期待したほどの速度は出なかったけれどないよりはマシ。自宅のWi-Fiで試した時には10Mbpsほどの速度がててたので、場所や環境で使いやすいところ、使いづらいところがあるかもしれない。

通信費がどれくらいになったか

ガラケーに戻したことによりドコモの料金が月々1,000円ちょっとになるはず。ドコモでは一番安いタイプシンプルバリュープランにしたので、使った分だけ請求される契約。ほとんど利用しないが200円分以上通話する人だと、無料通話分1,000円が付いているタイプSSバリューの方が良いかも。それでも1300円ぐらいか?

スマートフォンの通信料金がワイヤレスゲートのSIMで月々480円、これがかなり安くなった。もともとデータ通信料金が高かったので、かなりの節約。デザリングも使えることがわかったので、外出時にPCの接続料金も抑えることができる。

これで携帯通信費が、合計で2,000円もかからなくなったというのは大きい。月々7,000円以上払っていたので5,000円以上の節約。年間で計算すると6万円も変わってくる。2台持ちになるデメリットはあるが、これだけの金額を節約できるので参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加