スクリーンショット_101814_100356_PM

XiからFOMAに戻しても月々サポートが受けられる方法で、ガラケーを安く購入できました。携帯料金がかなり安くなるので、自分と同じようにガラケー+格安SIMスマホの2台持ちにしたいという人も多いかと思います。この機種変更してわかったことですが、XiからFOMAに戻した時に「Xiパケ・ホーダイ フラット定額料」は日割り計算されないというのは知っておいたほうが良さそうです。

「Xiデータプラン フラット」「Xiデータプラン フラット にねん」「 Xiデータプラン ライト」「Xiデータプラン ライト にねん」の定額料は、月の途中で変更・廃止した場合も、日割り計算しません。

https://www.nttdocomo.co.jp/charge/data_xi/notice/

パケット料金が高額に請求される可能性あり

スクリーンショット_101814_093939_PM

自分の場合9月8日に機種変更したのですが、Xiパケ・ホーダイ フラット定額料は日割り計算してくれないので8日間でも5,700円の請求がきました。使用量も0.1GB しか使っていませんが、容量も関係なく満額請求です。ちなみに種変更後はパケ・ホーダイ ダブル/シンプルで、使った分だけで上限が4200円のものにしてあります。※フルブラウザ通信を行うと月額上限額5,700円

日割り計算ができない=月契約というわけでもなく、解約してからは変更後のパケ・ホーダイ ダブル/シンプルが適応されるそうです。自分の場合、変更後ほとんど利用しなかったので問題なかったのですが、これを知らずに利用してしまうと5,700円を支払った上に、変更後に利用した分のパケット料がプラスされ、高額の請求になってしまう可能性があります。パケット料金の合計が1万円になってしまうことも!?

Xi→FOMAに戻すのは月末がいいかも

1日に解約しても31日に解約しても5,700円支払わなければいけない。Xiパケ・ホーダイ フラット定額料の解約時に日割り計算出来ないなら、XiからFOMAへの契約変更は月末にするほうが効率が良さそうです。変更後、ガラケーのデータ通信をほぼ利用しないのなら気にすることはないかもしれません。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加