スクリーンショット_011415_081510_PM

ヨドバシで販売しているワイヤレスゲートの格安SIMから、月間データ通信制限が4GBも使えて1,380円というとても調子の良さそうなプランが新しく販売されたようです。しかも、SMS機能が標準付属になっていて、追加料金が要らないというのも良い。使うかどうかは別として、iPhoneだとSMS機能付きでないと電池の消耗が多いという説も聞いたことがあるしあって困ることはない。

2GBでも十分だが4GBあれば安心して使える

スマートフォン所有者(N=1,343)を対象に、利用しているスマートフォンの1カ月のデータ通信量について聞いたところ、全体の約7割が1カ月のデータ通信量を把握していることがわかった。
1カ月のデータ通信量を把握していると回答した人(N=966)を対象に、1カ月のデータ通信量について聞いたところ、「1GB未満」が18.8%と最も多く、次いで「2GB未満」が18.2%、「3GB未満」が17.7%という結果となった。
1カ月のデータ通信量がわからないと回答した人(N=377)を対象に、2GBあたりの参考となるデータ通信量を伝えた上で2GB以内にデータ通信量が収まるかを聞いたところ、73.4%が2GBで足りると回答した。

MMD研究所より

データを見た限り、通信量を把握していない人も含め殆どの人が2GBもあれば十分かもしれない。2GBのプランだと月額920円で安くなっているけど4GBとの差額は460円しか変わらない。※SMS機能付けた場合だと差額310円。500円も変わらないのであれば4GB使える方が通信制限を気にして使わなくても済むので安心。

ワイヤレスゲートのSIMでは、最低利用期限がなく契約解除料は取られないが、プラン変更ができないというデメリットがある。変更するときには新しくSIMカードを購入し直さないといけないので、プランを選択するときには十分注意したいところ。4GBプランなら1,380円と高くないので一番無難なプランかもしれない。今はあまり使っていなくても、今後使うかもしれないとか。使う月もあれば使わない月もあるなどムラのある人にも良いでしょう。

4GBあればモバイルルーターで使うのもあり!

WiMAXやY!mobileなどのモバイルルーターと同じように、ワイヤレスゲートの格安SIMを使ってしまうというのも良い方法かと思います。外出先でしか使わないなど使用頻度が限られているのなら4GBのプランにずると通信費を抑えられるのではないでしょうか。

ただ、使用するには別途モバイルルーターが必要になるので、新しく買うか中古で手に入れるとか、端末代金がかかってしまうのはデメリットではあります。逆にほとんどのモバイルルーターでは最低使用期限が設けれらているので、更新期間などを気にせずに使えるというのはメリット。

モバイルルーターも少し調べてみましたが、記事作成時で現在販売されている中では「Aterm MR03LN」が良さそうです。

性能が良い分端末代金が少し高めなのですが、月額が4GBの1,380円に抑えることができれば、差額でWiMAXやY!mobileなどを2年契約するよりも安く済むはず。これからモバイルルーターを契約しようとしている方や、すでに他のを使っていてもうすぐ更新時期が来るという方は検討してみてはいかがでしょう。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加