2015-05-22 08.52.31

現在、月480円と一番安い価格で提供しているのがヨドバシオリジナルのワイヤレスゲートSIM。通信速度が250kbpsと低速ではあるものの利用制限はなく無制限で使えるというメリットがある。電話も殆ど使わずLINEが使えればいいという人には十分なプランです。それと比べると他社のものは低速時になると200kbpsのものが多く、50kbpsしか違いはないがWebサイトの表示速度も変わってきそうです。DMM mobileも低速モードでは200kbpsの速度しか出ないのですが、始めの数秒間だけ高速通信してくれるバースト機能があり、どのくらい表示速度に違いがあるのか試してみました。

dメニューを読み込んでみる

2015-05-20_15.50.11_052215_025907_PM

試した端末はARROWS X F-10Dで、ブラウザを立ち上げるとドコモのサイトdメニューがホームページに設定されていたのでこれで試してみます。Webサイトを表示しようとすると上部URLの下に青いバーで読み込み状況が表示されます。半分以上読み込んでくれればある程度表示してくれ、通信速度が遅いと画像の表示に時間が掛かります。すべて読み込みバーが消えたところで表示完了として両方のSIMで試してみました。

ワイヤレスゲートSIMの表示速度

画像の表示に時間がかかるようで、すべて表示してくれるには8秒から20秒ほど。早く表示してくれる時となかなか表示してくれない時など、ムラがある感じがしました。早い時にはこれで十分だよねと思ってしまうほどではあるが、たまに読み込んでいるのか?と思ってしまうこともあり、再読み込みをしたほうが良いこともある。

次にキャッシュを削除してからもう一度読み込んでみた。すると全部表示するには50秒ほどかかった。一度読み込んだことのあるページであればスムーズに表示してくれそうです。画像少ないページであればちょっと遅いかなという程度で使えないレベルではないという印象。

DMM mobileバースト機能の表示速度

ワイヤレスゲートSIMと比べるとあからさまに始めの読み込みが早いのがわかる。半分ぐらいまで一気に読み込んでくれて後からじわじわバーが進んでいく感じです。始めに表示してくれる部分が多いので、体感ではバースト機能の方が早く思うかもしれません。全て読み込んでくれる速度を何回か測ってみると、13秒から28秒ほどで全部表示するにはワイヤレスゲートSIMに負けていました。

次にキャッシュを削除して読み込んでみたところ、50秒ほどとワイヤレスゲートSIMと同じくらいでした。結果としてすべて表示されるのには時間がかかりますが、始めにある程度表示してくれるので閲覧はしやすいような気がします。また、ムラもなく安定しているような印象を受けました。

グーグルで天気を検索してみる

2015-05-20 15.48.00

どちらも画像の読み込みに時間がかかるようなので、テキストベースの文字ばかりのページであればそれほどストレスなく表示してくれそうです。試しにGoogleで「東京 天気」と検索してみました。

テキストページならバースト機能は優秀

キャッシュのない状況では両方共5秒程度で表示してくれましたが、2度めの読み込みでは違いが出ました。ワイヤレスゲートSIMでは3秒ほど、バースト機能では2秒もかからないで表示してくれます。あからさまに早く感じました。画像がない少ないページであれば、圧倒的にバースト機能を搭載してあるDMM mobileの方が優秀なようです。

安定感があるのはDMM mobile

ワイヤレスゲートがmicroSIMだったので、先日購入した「Xperia Z3 Compact SO-02G」には入らないため、計測はARROWS X F-10Dという古い端末で行いました。スペックが良い端末の方がもっと良い結果が出ているかもしれません。また、山梨で計測したので混み合っていない状態だったと思います。東京で計測してみるとまた違うかもしれません。

自分の環境下では、ワイヤレスゲートSIMの方が早いがムラがあり安定感はない。DMM mobileのバースト機能を使うと初動の表示が早いので、画像が少ないページであればWebサイトの閲覧はしやすい。また、電波状況も安定しているようでムラがないという結果でした。

無制限ではないので注意

480円のワイヤレスゲートSIMでは大量のデータ通信を行わない限り基本的には無制限。それと違いDMM mobileでは3日間の通信量合計が366MBを超えると通信速度が制限される場合があります。

高速データ通信時の通信制限はありません。

ただし、下記(通信速度最大200Kbps)の状態で、3日間の通信量が合計366MBを超えると通信速度が制限される場合があります。

  • 高速データ通信の利用量がご契約分を超過している
  • 高速データ通信OFFの設定時

普通に使っているぶんには問題なさそうですが、アプリのアップデートがあるときなどにはWi-Fi環境化で行ったほうが良さそうです。

ヨドバシかDMMで悩んだら

解約手数料はかからないので乗り換えも簡単ですが、始めに手数料が3,000円掛かるところがほとんどなので参考にしてみてください。

LINEが出来れば十分という人はヨドバシ

DMM mobileの一番安い1GBプランだと660円(税抜)、税込だと713円になるのかな。とにかく安く済ませたい人ならヨドバシのワイヤレスゲートで480円でしょう。月々233円の違いで、1年間で2,796円。LINEがあればいいという人はワイヤレスゲートSIMで十分、これで無料通話も出来る。

プラン変更が出来るのがDMM mobileの魅力

ある程度使う人がDMM mobileと悩むのだろうけど、それならば1GBでなく、2GBや3GBプランでも税込で1,000円以下になるので、そっちの方がおすすめかもしれません。プラン変更は24日までに申しこめば月ごとに変更が可能。余った容量は翌月に繰り越せるので使う頻度によって変えても良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加