2014-09-06 12.55.29

自分が今使っているのが写真下のブライドル・インペリアルウォレットでお札が100枚入る仕様だ。それほど入れていないので膨らみはない。写真上がブライドル・アルフレートウォレットになり、見た目はほぼ一緒に見えたが比べてみるとマチがなく、札をあまり入れない人にはこっちの方がスマートだ。

薄型で軽量のスマート設計

2014-09-06 12.54.44

ブライドル・インペリアルウォレットと比べてマチがない分薄型で、重さも35gも軽くなっている。現金をあまり持ち歩かない人だとこの方が使いやすいかもしれない。ブライドル・インペリアルウォレットの場合お札をあまり入れていないと、たくさん入る設計のマチがかえって邪魔になってしまう。使ってみないとわからないかもしれないが、丁寧にお札をしまわないと浮いてしまうのである。今の時代カードがあれば事足りてしまうのでスマートの方がいい。

ブライドル・インペリアルウォレットとの違い

ブライドル・インペリアルウォレットと比べてお札が入らない仕様になっている他、カードポケットの数に違いがある。ブライドル・インペリアルウォレットの場合は開いたところに入るカードは2枚だけで、かぶせ蓋の方は7枚。ブライドル・アルフレートウォレットではかぶせ蓋の方は7枚と同じではあるが、開いたところは4枚もはいる設計という違いがある。

またブライドル・アルフレートウォレットでは、お札入れのところにカードポケットはなくすっきりしている。比べるとカードポケットが2つ少なく、フリーポケットも一つ少ないことになる。スタイリッシュに使いたいのでカードなどの収納も少なくても十分だ。

コードバン薄型長財布よりカラーバリエーションが豊富

ココマイスターのコードバン薄型長財布もスマートでスタイリッシュな長財布だ。大きな違いはカードポケットの向きがかぶせ蓋の方も一緒だということ。この方がカードを入れた際に膨らみづらく平らに維持できるというメリットがある。形的にはこちらの方が使いやすそうではあるが、値段も40,000円と高くカラーバリエーションが少ないのが残念なところ。

ブライドル・アルフレートウォレットのカラーバリエーションは、ブラック、モスグリーン、ロイヤルブラウン、ダークネイビー、ロンドンキャメル、スイスレッド、ヘーゼルの7種類もある。このなかでも特にスイスレッドの色合いがよさそうで気に入った。経年変化が楽しみな一品になりそうだ。

お札をたくさん入れるか入れないかで決めるとよい

ブライドル・インペリアルウォレットと、ブライドル・アルフレートウォレットのどちらにしようか迷っているなら、お札をたくさん入れるか入れないかで決めるとよいかもしれない。ブライドル・アルフレートウォレットの場合は30枚程度に抑えるのが理想なので、それ以上常時入れておくというならブライドル・インペリアルウォレットに。後は欲しい色の在庫があるかどうかの問題になりそうです。

公式サイト→ブライドル・アルフレートウォレット

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加