2016-11-01 18.40.57

BOSE主催のイベント「ボーズ製品でストリーミングミュージックを楽しむ。秋の製品体験会・Touch&Try」に参加してきました。BOSE製品は良いとは知ってはいたが、実際に体験してみると予想以上でほとんどの物を欲しくなってしまった。

それだけでSpotifyの再生ができるSoundTouch

2016-11-01 18.41.36

Spotifyを無料プランで聴いていると、たまにBOSEの広告が入ることがある。そりゃBOSEのスピーカーを使えば、良い音で聴けるだろぐらいにしか認識していなかった、このイベントに参加するまでは。SoundTouch wireless music systemsなら、Bluetoothでスマホやパソコンを接続しなくてもそれ自体でWi-Fiの通信をし、Spotifyの曲をストリーミング再生できてしまうという。

2016-11-01 18.20.04

最大で6つまでプレイリストを登録でき、再生もしくは1~6のボタンを押すだけで音楽を流してくれる。リモコンもあり、Bluetoothでつなぐ手間が省けるのはかなり便利だ。またプレイリスト以外の曲を再生したいときでも、スマートフォンが同じWi-Fiに乗っかっていればそのまま操作が可能となる。ただし、これらの機能を使うには有料のSpotifyプレミアムアカウントが必要。

2016-11-01 19.21.04

SoundTouchは、10、20、30と種類があり、数字が大きいほうがサイズも大きい。基本的な機能は同じなので、部屋の大きさに合わせて選ぶのが良いそうだ。SoundTouch 10なら価格も手ごろで、ワンルームや寝室などに良さそう。SoundTouch 20はリビングなどで、SoundTouch 30ならかなり大きな部屋で活躍しそうだ。またCDの再生も可能な、Wave SoundTouch music system IVというのもある。

2016-11-01 19.11.06

さらにWi-Fiに接続できるので、複数のSoundTouchで同時に再生するという使い方もできるという。部屋を移動しても同じ音楽が流れている、そんな生活はかなり快適なのだろう。SoundTouch 10なら小さく場所も取らないし、コンセントとWi-Fiさえ繋がればどこにでも置けそうだ。

レビュー → Spotifyとの連携が便利!BOSEの小型ワイヤレススピーカーSoundTouch 10

小さくてもパワフルなSoundLink Mini

2016-11-01 19.48.14

SoundLink Mini Bluetooth speaker IIは、ただのコンパクトスピーカーではない。こんなに小さいのにパワーがすごい!再生をしているときにテーブルに手を置いていたら、振動がしっかり伝わってきたのには驚いた。これだけパワーがあるなら屋外でもかなり活躍しそうだ。2016-11-01 19.48.21

底面にある金属は何だろうと思っていたら、クレードルに置くだけで充電することも可能なようだ。通常音量で約10時間(最大音量で約7時間)も再生でき、充電する回数は少なそうだけれど、USBを抜き差ししないでいいのはうれしい。

2016-11-01 18.12.46

カラーは、左からパール、ブラック/カッパー、カーボンの3種類が展示してあった。これもかなり気に入ったので屋内だけでなく、屋外やBluetoothに対応していない車の中に持ち込んで試してみたい。

公式サイト → SoundLink Mini Bluetooth speaker II

装着感がすばらしいSoundSport

2016-11-01 18.21.46

スポーツ用のヘッドホンSoundSport wireless headphonesは、フル充電で約6時間の再生が可能。防滴設計にもなっていて、汗まみれになっても雨の中を走っても大丈夫だという。完全防水ではないので水の中につけてしまうのはNG。

2016-11-01 18.30.14

実際にこれをはめてみて、その付け心地の良さに驚かされた。スポーツタイプだと外れないように耳にかけるものもあるが、そんなものは必要ない。柔らかなシリコン素材のウイングが、耳にぴったりとフィットして程よく外れにくくなっている。全く外れないのも危険だし、外れやすいとスポーツはできない。簡単にはめられるし、装着感の良さはつけてみた人にしかわからないだろう。

2016-11-01 18.31.56

カラーは、シトロン、アクアブルー、ブラックの3種類。シトロンはグレーとイエローで落ちついた感じ、アクアブルーは、ブルーというよりグリーンが強い気がする。ブラックはとてもシンプル。

公式サイト → Bose SoundSport wireless headphones

心拍数が図れるSoundSport Pulse

2016-11-01 18.35.06

SoundSportに心拍数を図る機能が追加されたSoundSport Pulse wireless headphonesも試してみた。左耳にセンサーがついていて、リアルタイムで計測することが可能となっている。

2016-11-01 18.33.31

アプリと連動して表示されたのは65bpm。精度も良いようで少し動いただけで変わるという。左のイヤホンを耳から外すとすぐに計測できなくなったので、リアルタイムで表示しているというのが明らかに分かった。多くのフィットネスアプリにも対応しているようなので、健康に気を使っている人に人気だという。

公式サイト → SoundSport Pulse wireless headphones

ノイズキャンセリングレベルが調節できるQuietControl 30

2016-11-01 18.58.49

黒一色で見た目が地味のQuietControl 30 wireless headphones。イヤホンタイプでもノイズキャンセリング機能が付いていて、しかもそのノイズレベルを調節できるというのには驚かされた。

2016-11-01 18.56.32

右側イヤホンのすぐそばにある操作ボタンでもノイズキャンセリングレベルを調節できるが、専用のアプリでも操作可能になっている。左側から右側に向けて12段階の調節ができ、レベルを最大にするとほんとに音楽に集中できた。移動中にここまで周囲の音を遮ってしまうと危ないので、環境によって調節できるのはとても便利な機能となる。フル充電で最長10時間もの再生ができ、一日中快適に使えるという、悪いところが全く思い浮かばない。あえて言うならカラーバリエーションがもっと増えると良いのかな。

レビュー → ノイズをコントロールできる優れたイヤホンQuietControl 30 wireless headphones

BOSEの最高峰ヘッドホンQuietComfort 35

2016-11-01 18.47.00

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を備えたヘッドホンQuietComfort 35 wireless headphones。実際に試してみると、あからさまに音が良いのが分かった。イヤホンタイプのQuietComfort 30 wireless headphonesみたいに、ノイズレベルの調節はできないので室内で使い没頭したい。

2016-11-01 18.49.17

音楽をかけないでもスイッチをオンにするだけで周囲の音がさえぎられる。音楽をかければそれだけしか聴こえないので、映画鑑賞やゲームをやるときにも試してみたいと思った。最大で20時間の再生が可能で、バッテリーが消耗したら15分間のクイック充電で、さらに2.5時間使用できてしまうという。

2016-11-01 18.15.21

快適な装着感で衝撃にも強く耐久性に優れているそうだ。同梱物のキャリングケースの中には有線接続用音声ケーブルと、2つのピンがある機内用デュアルプラグアダプターが収納され、飛行機の中でも快適に使えるという需要も満たしてくれる。

公式サイト → Bose QuietComfort 35 wireless headphones

体験してみないとわからないBOSE製品の良さ

今回はSpotifyと連動するスピーカーSoundTouchがメーンのイベントだったが、他の製品も体験できてとてもよかった。実際に使ってみないとわからないことが多く、すべての製品を自分の生活に取り入れてみたいと素直に思った。今よりも間違いなくミュージックライフをアップグレードしてくれることだろう。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加