Screenshot_2016-12-10-11-37-38

TSUTAYAのスマホ「TONE m15」に入っているライフログアプリでは、歩くだけでTポイントが貯まるようだ。報酬がもらえることにより「1日8,000歩・速歩き20分で万病予防」というメソッドを実現しやすくしている。

計測できるのは4種類

Screenshot_2016-12-10-22-00-07

ライフログアプリで計測するのは、活動量、歩数、カロリー、心拍の4種類。心拍以外はスマホを持っているだけで計測してくれるので、何も気にすることはなく気軽にできる。それぞれの項目をタップすると、過去の記録や平均値なども見ることが可能。

Tポイントがもらえる条件

Screenshot_2016-12-17-17-52-28

Tポイントがもらえる条件は、活動量が20分と8000歩となる。両方の条件を満たしていないとTポイントはもらえない。達成すると右側にアイコンが表示され、いつ獲得しているかが一目でわかるようになっている。10000歩以上の歩数を計測していても、活動量が4分だと右側にアイコンがないのもわかる。活動量は速歩き程度(中強度の運動)の身体運動を計測しているという。

歩数とカロリーはグラフで表示

スクリーンショット_121716_061313_PM

歩数は今日の時間ごとにどれだけ歩いているか確認することができる。また、中央の今週や1ヶ月と表示されているところをタップすると、総歩数やそれぞれの1日平均も表示してくれる。

Screenshot_2016-12-17-17-58-36

カロリーは横グラフになっていてスクロールしていくと過去の記録も見れる。途中の1日は、あからさまに0Kcalと持ち歩いていなかったこともわかってしまった。

心拍数の計測方法

Screenshot_2016-12-10-21-58-13

心拍数は持っているだけでは測れない。心拍を計測するをタップしてから、人差し指をカメラのレンズとフラッシュに軽く当て、計測が終わるまでしばらくそのまま。10秒もかからないぐらいで計測が終わり結果が出て、保存するか測りなおすかの選択肢となる。正確に測れるのか少し疑問だけれど、こんな機能も備わっているのも面白い。

家族の健康管理もできる

Screenshot_2016-12-09-16-27-11_121716_063021_PM

TONEファミリーを使えば登録してある家族の計測結果を見ることができる。活動量を見てみると時間ごとにグラフ表示されているので、いつ移動していたかを推測することも可能だ。ここでは1週間単位でそれぞれの項目を表示でき、基準値を変えることで過去の1週間の結果も表示できる。どれだけ動いているか把握することにより、家族の健康管理に役立つかも。

Tポイント獲得で健康に

正確には、ただ歩くだけではTポイントは獲得できない。さらに速歩きで中強度の運動が20分以上必要になる。これを続けることにより様々な病気の予防に効果があるとされているので、Tポイントの獲得がその目標になるのがいい。もらえるポイントは少ないけれど、健康を意識できる取り組みになりそう。

 

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加