MacBookよりドヤ顔できる極薄モバイルPC「HP Spectre 13」

2016-12-04 11.44.59

スタバでMacBook広げてドヤ顔という言葉がある。このドヤリングという観点からすると、世界最薄ラグジュアリー・モバイルPC「HP Spectre 13」のほうが高級感があり優越感に浸れそうだ。

スポンサーリンク

厚さはほぼ1cmの極薄モバイルPC

2016-12-05 12.05.47

世界最薄とうたっているだけあって、その厚さは最薄部で10.4mm、最厚部でも11.2mmしかなくとにかく薄い。余計なものをなくし、USBを新しい規格のType-Cに統一してしまうとここまで薄くできてしまうようだ。重さは1.11kgで軽量ではあるものの、極薄の見た目よりもしっかりとした重量感はあり耐久性もしっかりしていそう。

2016-12-04 10.03.19

ラグジュアリーモバイルPCというだけあって高級感があるデザインに仕上がっている。ヒンジ部分は外側から見えない仕様で、すっきりした印象になっている。これだけ薄い本体に、このアーチのあるヒンジがどのようにしまわれているのだろうか。

2016-12-04 10.16.05

最大限に開いてみると、125度程までしか開かないようだ。これ以上開くとこのデザインを維持できないのだろう。それと開くときだが、逆に薄すぎるために引っ掛かりが少なく、開きづらいというのはあるかもしれない。

余計なものがなくシンプルなのがいい

2016-12-04 10.00.35

接続端子は裏表なく使えるが3つと、ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポートが1つあるだけとかなりシンプルな設計となっている。未だにアナログRGB端子がついているパソコンも売れたりするようだけど、USB Type-Cが主流となっていくのだろう。そのほうがすっきりしていて個人的にも好きだ。必要ならば変換アダプタを使えばいいだけの話。それと、充電するときには左側のUSBだけでなく、真ん中の2つのUSBに挿しても充電することができる。充電は専用端子と勝手に思い込んでいたので少し感動した。

2016-12-04 10.26.11

それでもまだ手持ちのデバイスが、一般的なUSB Aタイプコネクタのほうが多いはず。付属品として「USB A 変換アダプタ」が同梱してあったので問題なさそうだ。また別売りの「USB Type-C 変換トラベルドック」を1つ持っていると、複数の変換アダプタを持ち歩く必要はなくなるかも。

起動は10秒以下でめちゃくちゃ早い

充電してから電源ボタンを押すとすぐに画面が表示され、その速さに驚いた。電源を押してから10秒もかからなかったと思う。スペックは違うけれどYouTubeに動画を上げている人がいたので参考に

薄型でもバックライトが付くキーボード

2016-12-03 21.57.15

これだけ薄くてもキーボードにバックライトが付いてる。キーストロークは1.3mmとしっかりと打っているという感覚があり、暗がりで作業するのも苦ではなさそうだ。またモバイルPCのカテゴリだとキーボードの幅が狭くなる印象があるけれど、「HP Spectre 13」では幅が広くフルサイズ並みのキーボードでタイプしやすい。しばらく使ってみたところ、キーボードに不満はないがタッチパッドが使いづらかった。スクロールは2本指でなぞることでできるのだけれど、反応が良いのか悪いのかクリックとして認識してしまうことが多々ある。別売りの小さなマウスを持って行ったほうが良さそうだ。

奥行きのある音を楽しめるスピーカー

2016-12-04 10.03.50

起動の速さにも驚かされたけれど、「HP Spectre 13」は音もいい。キーボードの両端にある網目が、左右から聞こえるデュアルスピーカーとなっている。動画を再生して正面で聴いてみると音に奥行きがあり、臨場感がある音を楽しめる。またSpotifyで音楽を再生してみたりもした。さすがにこれだけ薄いので低音が響くというわけにはいかないけれど、かなり良い音が出ている。正面で聴いているときが一番良く作られているようで、離れてみると違いがあからさまにわかった。これで映画を観たりするとかなり楽しめるのではないだろうか。

バッテリーはどのくらい持つのか試してみる

2016-12-04 17.03.30

カタログスペックでは、バッテリー駆動時間が約10時間と書かれている。実際のどれくらい持つのかスタバにいって試してみた。公共のスペースではスピーカーで音を出すわけにはいかないので、有線のイヤホンで聴いて動画をストリーミング再生してみる。YouTubeで約1時間、レッドブルの公式サイトにあるスノーボード動画を約1時間、合計2時間ほど動画を楽しんでみたところ、バッテリーは30%ほど消費した。1時間で15%と考えると、少なく見積もっても6時間以上は十分に駆動してくれそうだ。

ACアダプターは持ち運びには向かない

2016-12-04 10.24.35

電源コードは細くてよいのだけれど、ACアダプターのコードが太くてかなりかさばる。パソコン自体はスリムだけれど、ACアダプターを一緒に持ち歩くというのはスマートではない。薄型でもバッテリー駆動時間が長いため、ACアダプターを一緒に持ち運ぶという想定では作られていないのだろう。

2016-12-04 10.51.02

同梱品には専用ケースもあり「HP Spectre 13」がピタリと入るジャストサイズで、ACアダプターを入れておけるスペースはもちろんない。せめて「USB A 変換アダプタ」が入るポケットがあったらよかったかもしれない。

2016-12-05 12.01.53

布が折り返してあるところが開いているので、かろうじて「USB A 変換アダプタ」を忍ばせておくことはできそうだった。

「HP Spectre 13」で出来ないこと

かなり高スペックなモバイルPCだけれど、できないこともある。

ディスプレイはタッチ対応ではない
タッチ対応のディスプレイがどうしても良いのなら、360度ディスプレイが開く「HP Spectre 13 x360」が良い。

顔認証システムWindows Helloはできない
Windows10から導入された顔認証システムのWindows Helloは3Dカメラが必要。極力薄くするために組み込まなかったのだろうか?

変換アダプタがないと使えないデバイスが多い
USB Type-Cでないデバイスを接続する場合、変換アダプタが必要となる。個人的には「USB Type-C 変換トラベルドック」があれば十分だと思う。

DVDやBlu-rayを観るなら外付けのドライブが必要
薄型なのでさすがに光学ドライブは非搭載。頻繁にみるならUSB Type-Cに対応しているポータブルドライブを購入したほうが良さそう。

高級感があり持っているだけでステータス

起動は早いしサクサク動く、スピーカーも調子が良く動画を観たくなる。見た目は極薄でデザインも高級感があり人目を惹く、持っているだけでもステータスとなりそうだ。これまでのパソコンとは全く違った印象で、ラグジュアリー・モバイルPCというもうなずける。また13.3インチという持ち運ぶには大きすぎず小さくない、ちょうどよいサイズ感も良い。これだけのスペックでもそこまで高くないので、公式サイトを確認してみてはいかがでしょう。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする