HP Spectre x360 15 ゲームもできる2in1コンバーチブルPC

HP Spectre x360 15-df0000 は、スリムボディにグラフィックスまで搭載している。ビデオ編集、イラスト制作、3Dレンダリング、写真編集、ゲームまで、何でもこなせるコンバーチブルパソコンです。

スポンサーリンク

HP Spectre x360 15-df0000 スペック

モデル15-df0010TX
OSWindows 10 Pro(64bit)
CPUインテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
ディスプレイ15.6インチワイド・UHD(4K)ブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
メモリ16GB オンボード(2666MHz,DDR4 SDRAM)
ストレージ1TB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1050Ti with MAX-Q Design グラフィックス
オプティカルなし
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®Bluetooth 5.0
セキュリティWindows Hello対応(IRカメラ & 指紋認証)、プライバシースイッチ
バッテリー駆動時間約 13 時間 45 分
キーボード日本語キーボード(バックライト/2段階調光機能)
サイズ/質量約 359×249×19mm / 2.17kg
インターフェイスHDMI 2.0 出力端子 × 1 / USB3.1(Type-A)×1 / USB Type-C™ 3.1×2 (Thunderbolt™ 3) / micro SDカード

レビューしているのは、ストレージを拡張しているものになります。ベースは512GB SSD になるので、価格等はオンラインストアで確認してください。

HP Spectre x360 15

HP Spectre x360 15-df0000 外観レビュー

カラーはアッシュブラックのみ。専用スリーブケースとSpectre アクティブペン2が同梱されています。マジックテープのところにペンを収納できます。

4Kのタッチ対応ディスプレイは15.6インチ。上部にあるカメラで顔認証、キーボード右側で指紋認証の両方に対応。

右側面に、USB Type-C™ × 2、USB 3.1(Type-A)、プライバシースイッチ、排気孔、microSDカードスロット。赤いのがプライバシースイッチになり、ワンタッチでカメラを遮断してくれる機能です。

左側面に、ヘッドフォン出力 /マイク入力コンボポート、排気孔、HDMI 2.0 出力端子 × 1、電源コネクター、電源ボタン。底面中央から吸気して、左右から排気するデュアルラジエーターなのも特徴。

キーピッチは約18.7×18.4mm、キーストロークは約1.55mm。バックライトは2段階で明るさの調節ができます。パームレストの右側にある四角い部分が指紋センサー。

テントモードにした状態。

スタンドモードにした状態。

タブレットモードなら画面を縦にしても使えます。

135WのACアダプター。出力は大きくても比較的コンパクトな方だと思います。

Spectre アクティブペン2は充電式のため、USB Type-C™(充電専用)が同梱されています。開いたところに小さなLEDがあり、充電が完了すると消えるようです。

映像コンテンツを思う存分楽しめる

スピーカーはキーボードのディスプレイ側にある、ジオメトリック(幾何学的)デザインのスピーカーグリルと、底面手前の左右にも搭載されたクアッドスピーカーになっています。4Kの高画質に加え、このスピーカーからの迫力のある音で、臨場感のある映像を楽しめます。タブレット/スタンド/テントモードにしても良いのだけれど、音の反響が一番良いノートブックモードでの視聴がおすすめです。

USB Type-Cで充電できるか試してみた

他のパソコンのUSB Type-Cアダプタを使って、充電できるか試してみました。結論から先に言うとできます。ただし、高負荷な処理をしながらだと、ACアダプタの出力が小さすぎて充電が追い付かなかったです。当然といえば当然ですが、パフォーマンスを維持するには、付属のACアダプターは必要。作業をしていないときならType-Cでも代用は可能なようです。

HP Spectre x360 15-df0000 ベンチマーク

「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の計測結果は、1920×1080 高品質13775非常に快適。1920×1080 最高品質で試してみても7269非常に快適という結果になり、十分遊べそうです。ちなみにACアダプタなしでも試してみたところ、1920×1080 高品質4492快適という結果で、パフォーマンスは低下してしまうようです。

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」の計測結果は、1920×1080 標準品質で3705普通という結果。1280×720 軽量品質に落としてあげると6487快適になりました。重たいゲームでも、負荷を減らしてあげれば、遊ぶことはできそうです。

HP Spectre x360 15-df0000 ゲームをしてみた

バトルフィールド5をやってみたところ、フルスクリーン解像度が1920×1080 60.00Hzだと、フレームレートが60以下になることがあります。1600×900 60.00Hzまで落としてあげると、フレームレートは60を維持し安定して遊べそうです。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONのデモを試してみると、自動でグラフィック設定が低く設定されました。最高フレームレートだけ60FPSに変更して遊んでみたところ、意外とスムーズで十分楽しめそうです。

4Kディスプレイなのに、画質を落とさなければいけないのは残念ですが、負荷を少なくしてあげれば重たいゲームでも遊べます。ただし、長時間遊ぶとなると排熱が気になるところ。底面を持ち上げて吸気をしやすくしてあげるなど、冷却効率の工夫が必要かもしれません。

何でもできる2in1コンバーチブルPC

HP Spectre x360 15-df0000 は、コンバーチブルなのにグラフィックスまで搭載した、何でもできる万能パソコンです。さらにデザイン性も良く、これだけの性能が薄型ボディに納まっているというのも凄いところ。これ1台あれば、仕事も遊びも充実すること間違いなし。

HP Spectre x360 15

コメント

タイトルとURLをコピーしました