AQUOS sense3 どこが一番安く買えるか比較してみた

AQUOS sense3のSIMフリー版(SH-M12)が発売されるので、どこで一番安く買えるか比較してみました。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、DSDVにも対応したおサイフケータイとして注目のスマホ。

スポンサーリンク

AQUOS sense3 スマホセットの価格比較

MVNO価格備考
OCN モバイル ONE14,800円対象オプション同時加入でさらに1,000円OFF
他社からの乗り換えで4,000円還元※期間限定
IIJmio
11月27日発売
29,800円分割払い1,250円×4回
合計30,000円
mineo
11月29日発売
36,000円分割払い1,500円×24回
合計36,000円
UQモバイル
(DSDV非対応)
23,760円分割24回払い990×24回=23,760円
分割36回払い660×36回=23,760円
参考
楽天モバイル
AQUOS sense3 lite
29,819円分割払い1,382円(税込)+1,366円(税込)×23回
32,800円(税込)※29,819円(税別)

参考に、楽天モバイルのAQUOS sense3 liteも掲載しています。分割のみ税込表記。

MVNOの価格を比較してみると、OCN モバイル ONEが一番安く購入できます。また料金プランは「新コース」が導入され、他社よりも通信料金を安く済ませることができるのもメリット。とにかく安く済ませたいという人から、30GBの大容量コースまで6つコースから選択可能です。

通信品質も気になる人はUQモバイルという選択肢もあります。比較した中では2番目に安く、36回払いのも対応。しかしSIMカードは2枚入らない仕様のようです。DSDV対応のスマホが必要ならば契約しないように。

AQUOS sense3 端末のみの購入

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなどで端末のみの購入も可能です。調査時の価格は、39,380円(税込)で、そこからAmazonで8%オフとなっていました。しかし、楽天市場で購入した方がポイント分を考えると安くなるかもしれません。

ビックカメラ.comでの価格も39,380円(税込)となり、調査時では10%ポイント還元となっていました。また、支払い方法はLINE Payにも対応したようで、カラーによる還元も受けとれます。クレジットカードが使えない人でも購入しやすくなりました。

楽天モバイル版 AQUOS sense3 liteとの違い

楽天モバイルでは、AQUOS sense3 lite の取り扱いがある。AQUOS sense3 SH-M12と何が違うのかというと、カメラをシングルカメラにして価格を抑えたモデルとなります。UQモバイル同様にSIMは1枚しか挿入できないためDSDV非対応になる。スマホセットで購入するなら他社の方が安いため、あまりおすすめはできない。

ちなみに、AQUOS sense3 シリーズには、指紋センサーの搭載していないモデルの、法人用Softbank AQUOS sense3 BASICもあります。それと、ワイモバイルから12月中旬発売予定のAndroid One S7も、ベースは法人用Softbank AQUOS sense3 BASICになるようです。

大容量バッテリーのおサイフケータイは魅力

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているおサイフケータイというのも魅力の一つ。最長1週間の電池持ちというのは言い過ぎだとしても、確実にモバイルバッテリーは要らなくなると思います。価格が安くても、長時間駆動してくれるおサイフケータイスマホというのはないので、うれしい仕様です。コストパフォーマンスは抜群に良いので、かなり売れそうな気がします。

DSDV対応で2枚のSIMを使いたい人にもおすすめ

DSDVに対応したスマホは、これまでに OPPO R15Pro と OPPO Reno A しか販売されていませんでした。需要はあるのに、なぜ今までなかったのかと思うぐらい、日本のスマホで初の対応です。通信会社を2つ契約して2台持ちしていた人も、AQUOS sense3 SH-M12なら1台で同時待ち受けができるようになるということ。docomoやauを解約しないまま、ソフトバンクY!mobile(ワイモバイル)を契約してPayPayの還元率を上げたいという需要にも対応できる。

ケースなどのアクセサリーも充実しているので探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました