富士登山の時に準備しておきたいもの+5選

暑さにはけっこう強い、あきら(@akrwnet)です(^v^)

2012-07-11 16.48.02

今日も天気がよく暑いですね!梅雨明けまじかといったところでしょうか。

これだけ晴れている昼間の富士登山では、かなりの軽装で登る人も多いかと思います。

 

前回の記事
初めての富士登山におすすめ!アウトドアギアレンタルそらのした

これを書いたら、富士登山に慣れている方から、Facebookページの方にコメントをいただきました。

 

それにあわせて、準備したほうが良い物ってなんですか?と聞いてみたところ参考になるコメントをいただきましたのでシェアしたいと思います。

 

スポンサーリンク

無理だと思ったら途中であきらめる勇気

これはいい事言うなぁと思いましたね。

準備するのもと言うと、どうしてもモノを想像してしまうかと思いますが、心構えも重要です。

 

登山に慣れている方なら、山の状況や、自分のその時の体調などである程度の予想はできるかと思います。

しかし初めて登る方などは、せっかく来たのだから登頂したいという気持ちは強いので、ムリをしがちなのかな。

 

悪天候や体調不良の時など、しっかりと状況を見極めて、無理だと思ったら途中であきらめる勇気は必要不可欠ですね。

何ならこれだけ持ち合わせていれば、良いといってもいいかもしれません。

また次回挑戦すれば済むことですし、いい経験にもなりますしね♪

 

芯を抜いたトイレットペーパー

芯を抜くというのがまた良い感じです。

なるべくかさばらないようにしたいですものね。

 

トイレットペーパーは何かと重宝するものですが、これに付随してゴミ袋も持っていったほうがよさそうです。

富士山は世界遺産登録をしているようですが、ゴミが多くて登録できなかったと聞きます。

相当な数の登山客がいるため、ゴミの処理をするのは難しいもので、自身のゴミは持ち帰るということを、個人個人が意識していかないとダメですね。

 

エアーサロンパス

個人的にはかさばるので持って行きたくないものではあります。

しかし少量のコンパクトな奴があると良いかもしれません。

 

エアーサロンパスは、登山中に筋肉疲労や関節の痛みがあった時などに、吹きかけると痛みを軽減してくれるものです。

もし怪我をしてしまった時などにも、下山をしなければいけないので、痛みの軽減に役に立つかと思います。

もしもの時の備えで、あると良いかもしれません。

 

酸素ボンベとかもあったらいいですけど、余裕があるなら持ってきたいですね。

8合目あたりから空気が薄くなるので、欲しくなるかもしれませんよ♪

 

お口で溶けて手で溶けない m&m のチョコ

m&m のチョコでなくても良いかと思いますが、お口で溶けて手で溶けないというのが、これの良い所ですね。

ちょっとした食料はは、必要なもので、チョコレートの場合かさばらないのにカロリーは高めなので、登山などには重宝されます。

 

ただ夏の登山では、チョコレートが溶けてしまうということもあるので注意したいところ。

m&m のチョコであれば溶けづらいというのもありますし、手が汚れないので良いかもしれませんね。

 

また、チョコバーやシリアルバーなども良いかと思います。

なんか書いててウエットティッシュも持って行きたくなってきた。

 

保険証のコピー

これも無視してしまいがちなもの

山小屋に運ばれる人の大半が高山病らしいですが、怪我とかも心配です。

登山道では、少しだけ険しい岩を登るところもあるので、風が強い時にはちょっと怖いかな?

 

何があるかわからないので、保険証のコピーはあると良いでしょう。

財布の中にでもしまっておくと良いかもしれませんね。

 

まとめ

今回コメントいただいた方は、先日7月10日に馬返しという富士山1合目から登ってきたそうです。

その時の状況を動画でアップしているようなので、シェアします。これ音源も自作ですって!

 

今回5つの提案をしていただきましたが、もしもの時の備え的なものが多いですね。

何があるかわからないので、それを想定しておけということでしょうか。

 

前回の記事
初めての富士登山におすすめ!アウトドアギアレンタルそらのした

 

これとプラスして、富士登山の参考にして頂ければと思います。

 

ではまた(^‐^)ゝ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする