らくらくスマートフォンのパケット定額サービス、らくらくパケ・ホーダイはお得か!?

docomoユーザー17年の、あきら(@akrwnet)です(^v^)

 

昨日、友人の携帯電話が壊れたらしく、スマホに帰るけど何がいいかなぁ~と聞かれたました。

しかし、携帯電話ってその人の使い方によって選ばなければいけないので、どれってすぐには言えないものです。

その友人は、らくらくスマートフォンでもいいんだけど、なんて言っていたのでちょっと調べて見ることにします。

 

スポンサーリンク

らくらくスマートフォンの端末代金

らくらくスマートフォンと言っても端末代金は53,760円もするんですね。

【参考】

 

しかし、月々サポートがあるので、毎月の請求額から1,680円の割引をしてくれるため、24ヶ月で40,320円割引ということにはなります。

実質の端末代金は、53,760円-40,320円=13,440円と、それほど高くない値段ですね。

一括で払えなくても、24ヶ月の分割で支払った場合には、53,760円÷24ヶ月=2,240円、 そこから月々サポートの1,680円を引くと、毎月560円分を多く払うだけで済むという計算

 

月々サポートのお陰で、だいぶ安く購入できるようにはなるようで、端末代金の負担は少ないのではないでしょうか?

後は、パケット通信の値段ですね。

らくらくスマートフォンでも、5,460円のパケ・ホーダイフラットも契約することはできるのですが、それよりも安い、らくらくパケ・ホーダイ2,980円というのが気になります。

 

らくらくパケ・ホーダイが安い理由

パケット通信料金ってかなり高額になるので、定額にするのは今の時代では当たり前。

しかし高齢者向けに開発された、らくらくスマートフォンの場合インターネットをする人がいるのだろうか?という疑問に??

電話とメールだけ出来ればいいという人が大半かもしれませんが、何かとインターネットを絡めたサービスはあるので、2980円という低価格の定額制があるのは良いものだと思います。

 

では、なぜこれだけ安いのでしょうか?

他のスマホを買う人が少なくなってしまうのでは?と単純に思ってしまいましたが、これには500MBまでという規制があるからのようです。

注意当月ご利用のデータ量が500MB(4,096,000パケット)を超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります

via:らくらくパケ・ホーダイ

500MBの通信料を超えてしまうと、通信速度が最大で128kbpsまで落ちてしまうということ

 

 

これなら納得がいきます。

また、こんな記事もみつけました。

一概に日本でも同じとは言えないけども、日本人の月データ使用量は約500MBみたいです。
もちろん、多い人もいれば少ない人もいますが。

via:俺っぴんぐ

 

 

しかし500MBって、個人的には少ない気がしますね。

富士通の製品PDFにも書いてありましたが

1日あたりの使用目安(500MB/月 相当)
写真付きメール5通(2MB/通 想定)

インターネット20分(300KB/ページかつ、1ページ/分 想定)

via:f-12d-catalog.pdf

1日にこれだけ使うと、1月で500MBに到達するという目安です。

 

 

インターネットの観覧って、スマートフォン用のサイトの場合には多少データ量は少なくなるとは思いますが、画像の多いPCサイトでは2000KB(2MB)以上にもなるようです。

そこで、Yahoo!BBのページに記載してあることを参考にしてみましょう。

従量計算の対象となるデータ例

インターネットブラウザによるWEBの閲覧、ダウンロードなどお客様の操作により行うインターネット通信
(例)
・100文字程度のメールを1回送受信する場合
      1通あたり約2Kバイト(約500通で1Mバイト)
・デジタルカメラで撮影した写真を受信する場合(機種・解像度によって変わります)
      高解像度デジタルカメラのデータ(10Mピクセルクラス)
      1枚あたり約2Mバイト~7Mバイト
      携帯電話内蔵カメラのデータ(2Mピクセルクラス)
      1枚あたり約0.2Mバイト~2Mバイト
・Yahoo! JAPANトップページを1回開くのに受信するデータ量
      約0.5Mバイトから1Mバイト
・動画(Yahoo!動画など)鑑賞した場合(動画サイトや、コンテンツによってデータ量が異なります)
      1分あたり約3Mバイト~6Mバイト
※数字はあくまで目安です。時間帯、設定環境、状況によって大きく左右する場合がございます。

via:Yahoo!BB

500MBと言うことは、Yahoo!のトップページぐらいなら500回表示できるということ?

 

自分の感覚で考えてしまうため、どうしても少なく思えてしまいますが、動画の観覧やWEBサイトを頻繁に見ないのであれば、問題無さそうなぐらいの通信量です。

ちょっとした調べ物や、買い物をするぐらいなら調度良いのかもしれませんね。

 

らくらくスマートフォンはアプリが使えない!?

らくらくスマートフォンではアプリがインストール出来ない様です。

【参考】週刊アス
らくらくスマートフォンF-12Dにアプリをインストールできるか?

これを見て、らくらくパケ・ホーダイが安いのが余計に納得しました。

 

プリインストールされているアプリしか利用できないのであれば、それほどパケット通信料がかさむこともないということです。

結局らくらくパケ・ホーダイは、電話機能にプラスして少しだけインターネットを利用する人向けのサービスという結論に至りました。

パケット代が安いからといって、若いユーザーがらくらくスマートフォンを買うことはないですね。

 

らくらくスマートフォンがおすすめな人

これからどんどん進化して行くでしょうが、今のらくらくスマートフォンであれば、アプリは使用しないがインターネット観覧をチョットするという傾けのものです。

今までらくらくホンを利用していた方で、パケホーダイに加入していないのであれば、らくらくスマートフォンでなくても良いかもしれません。

音声読み上げ機能や、写真を撮るのとかも便利そうですが、まだ初期段階なので様子を見ても良いのではないでしょうか。

 

なので、友人にはらくらくスマートフォンは薦めないことにします。

後はどの程度使いこなしたいかを聞いてから、また他のものを調べてみたいと思います。

ではまた(^‐^)ゝ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする