SkyBookでテキストデータを電子書籍化

 

iPod touchで、テキストデータを電子書籍のように読めないかと調べてみたところ、SkyBookというアプリを使い、PCからデータを移行することが出来るようです。

もともとSkyBookというアプリは、青空文庫で提供されている作品を、iPhoneやiPadで観覧するために作られたアプリみたいですね。

ちなみに青空文庫とは、著作権の切れた作品
または、著作権があっても自由に読むことが許可されている物を、無償で提供しているところになります。

 

さっそく、SkyBookをインストール
このアプリは有料で 85円

 

SkyBookでテキストデータを観覧するためには、i-FunBoxというツールが必要です。

Baidu IME_2012-3-25_20-37-2

 

※Windows用のソフトなので、Macの場合だとDiskAidというツールになります。

 

 

SkyBookは有料ですが、このi-FunBoxは無料です。

ではダウンロードして、インストールしてみましょう。

Baidu IME_2012-4-2_22-44-51

 

 

無料ダウンロードをクリックすると、ダウンロードが始まります。

Baidu IME_2012-4-2_22-56-15

 

 

ダウンロードしたアプリケーションを起動させると、インストールが始まります。

Baidu IME_2012-4-2_23-5-59

 

 

規約に同意すると、次のようなBabylon Toolbarというのがでてきますが、ほとんどの方が利用しないと思いますので、チェックを外して次へ

Baidu IME_2012-4-2_23-8-22

 

 

すると、インストールが始まります。

Baidu IME_2012-4-2_23-8-40

 

 

インストールが終わると、今度はNortonが出てきますが、これも気にしないで終了してしまいましょう。※これらがスポンサーとなっているので無料で利用できるのでしょうね。

Baidu IME_2012-4-2_23-9-29

 

 

Zipファイルを展開し、アプリケーションがあるのでクリックすると起動します。

Baidu IME_2012-4-2_23-13-41

 

 

読みたいテキストデータを入れるところは、この部分
Rawファイルシステムの中にある、PhotosフォルダにSkyBookを作成します。

Baidu IME_2012-4-2_23-23-29

 

 

左上の+新規フォルダーをクリックし

Baidu IME_2012-4-2_23-24-26

 

 

その名前を、SkyBookに変更します。※大文字小文字は間違えないように

Baidu IME_2012-4-3_20-34-12

 

 

SkyBookフォルダの中に、テキストファイルを挿入して準備完了です。

Baidu IME_2012-4-2_23-42-41

上の写真には、フォルダが2つ余計に作成してありますが、背景画像やフォントなどカスタマイズしたい時にはこのように作成してみてください。

参考
SkyBookのカスタマイズ

 

 

SkyBookを起動させて

P1000711

 

本棚の選択で、USBを選ぶと

P1000713

 

 

こんな感じに、挿入したテキストデータが電子書籍化されています。

P1000714

 

 

キノッピーで慣れてしまったので、多少使いづらい点がありますが独自のデータも取り込めるので重宝しそうです。

 

横書きのテキストデータを、書籍のように立てに読むことができるので、本を読んでる気分にできますよ。

お試しあれ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク