外国人観光客にも対応できる!グーペで簡単ホームページ作成

2017-06-19_23h08_44_061917_111027_PM

誰でも簡単ホームページ作成ができてしまうGoope(グーペ)では、自動で翻訳してくれる多言語化の導入も可能。外国人観光客の対策をしたい飲食店などには特に便利なサービスだ。

スポンサーリンク

英語・中国語・韓国語など7言語に自動翻訳

2017-06-19 14.16.07

グーグルの翻訳ウィジェットを追加するだけで、イタリア語、スペイン語、フランス語、英語、韓国語、中国語(簡体)、中国語(繁体)の7言語に翻訳できるようになる。

2017-06-19 14.17.04

言語を選択で英語を選択してみると、ページ全体を翻訳してくれる。少し面倒なのが、ページを移動するたびに言語を選択しなければいけない。また選んだテンプレートによりウィジェットが設置される場所が違うので、ユーザーが見つけられるかは問題となる。

スクリーンショット_061917_112044_PM

設定方法は、管理画面にあるナビゲーション設定→パーツ追加→ウィジェットでGoogle翻訳ウィジェットを選び登録するだけ。これだけの作業で対応できるのだからやっておいて損はない。ただし、グーペのオリジナル機能ではなく、外部のGoogleが提供しているサービスになるので、仕様が変更になる可能性はある。

翻訳したメニュー表も作成できる

飲食店のホームページならメニューのページを作成するのが一般的。メニューページができたら、それを翻訳してプリントアウトすれば、英語や中国語のメニュー表をお店に置くという応用もできるだろう。簡易的なものでも、あるのとないのでは大きく違う。これならコストもかからないし、7言語のメニュー表が一気に作れてしまう。

クレジットカード決済を無料で導入できる

スクリーンショット_061917_112805_PM

グーペでホームページを作成すると、クレジットカード決算が無料で導入できるのもメリット。店舗にインターネット回線があれば据置型で、初期費用も月額利用料も無料。インターネット回線がなくてもLTE回線を利用したモバイル型で、月額1,500円の費用で導入できる。外国人観光客を相手にするならクレジット決済ができた方が良いのは当たり前の話。集客の効果もあるし、コストもかなり抑えられることになる。

グーペならホームページの維持費が安い

スクリーンショット_061917_113025_PM

ホームページ作成を依頼すると5万円~30万円ぐらい、維持費も月額5,000円以上するのが相場だろうか。高いイメージだけれど、グーペを利用すれば安いコストで済む。特にDXプランで12か月まとめて支払えば、通常プランと同じ料金になるのでおすすめ。月額1,000円でアクセス解析やメルマガ機能など、すべての機能が使えることになる。支払方法はクレジットカードだけでなく、おさいぽ!という決算代行サービスの利用で、コンビニ決済や銀行振り込みも可能。

初心者でも作れるマニュアルあり

スクリーンショット_061917_113221_PM

パソコン操作に苦手意識がある人でも、操作がわからなければマニュアルを表示できる。右上に「このページのマニュアル」と表示されるので、タップすればそのページにあったマニュアルページを開いてくれる。わかりやすく書いてあり、実際に操作してみるとそこまでハードルは高くなかったという人は多いだろう。簡単作れるというだけあって、グーペは親切な作りになっている。

パソコンがなくてもスマホで作れる

2017-06-19 13.22.26

パソコンがないという人でもスマホだけで作ることも可能。編集するページによりスマホに最適化されないこともあるが、拡大すれば問題ない。ただしスマホページでは「このページのマニュアル」が表示されない。操作がわからなければ一番下までスクロールし、フッターメニューのマニュアルから自分で探し出す必要はある。

スマホ対応のデザインを自由に変更できる

スクリーンショット_061917_113910_PM

ホームページが出来上がってからでも、内容そのままでデザインだけ変えられる。デザインテンプレートの中にはカラー変更に対応しているものも多く、お店のイメージに合うカラーがあるか確認すると良い。またグーペでは住所を入れておくと自動で地図を表示してくれる。テンプレートによりトップに表示したりするので、どのような表示になるかプレビューで確認してから変更すると良いだろう。

デザインテンプレート一覧や導入事例なども参考に
→ ホームページ作成サービス「グーペ」

複数人で管理でき便利

スクリーンショット_062017_120443_AM

ホームページを1人で運営するのが大変な場合、副管理者を登録すると複数人で運営できるようになる。副管理者は5名まで登録することができ、それぞれに編集できる権限を割り振れるというのも便利。変更してほしくないところのチェックを外して管理者登録をすれば、アルバイトにお知らせだけ更新してもらうというのも可能だ。やり方は、管理画面のアカウント情報→副管理者を登録でログインIDとパスワードを入力し、権限を選択してから登録する。

TwitterやFacebookに自動投稿できる

スクリーンショット_061917_113438_PM

グーペではSNS連携もしっかりしていて、ホームページのお知らせを更新するだけでTwitterやFacebookに自動投稿してくれる。やり方はSEO・SNS設定のSNS(ソーシャルネットワークサービス)連携にある、Twitter設定、Facebook設定で連携する。Instagramは連携すると、投降した画像をホームページ内で使えるようになるようだ。

ネットショップも安く使える特典付

スクリーンショット_061917_114437_PM

グーペユーザーになると、ネットショップ運営サービスのカラーミーショップ を格安で試すこともできる。何か販売したというときには、こういったサービスと連携するのも良いだろう。初期費用無料と1年間の割引サービスとなり、2年目以降は通常料金で月額1,332円となる。

無料で15日間も試せて安心

簡単に作れるので、カフェ、サロン、保育園、ビジネス、マッサージ、レストランなど、いろんな業種の方がグーペを利用しているという。中でもサロンや飲食店は特におすすめ、予約機能やクーポン発行など集客に欠かせない便利な機能が使える。ほんとに簡単に作れるか不安でも、グーペは無料で15日間試すことができるのでリスクがない。お試し期間中では使えない機能もあるけれど、どんな感じにできあがるのか試してみてはいかがでしょう。

→ ホームページ作成サービス「グーペ」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする