「W3 Total Cache」を利用してページ読み込みスピードを改善してみた

スクリーンショット_073115_102107_PM

キャッシュを利用してWordPressの表示速度を早くしてくれるプラグイン「W3 Total Cache」を利用してみたところ、モバイルとPCの両方で10以上ものスコアが改善されました。

スポンサーリンク

W3 Total Cacheをインストール

スクリーンショット_073115_095838_PM

プラグインの新規追加からW3 Total Cacheと検索すれば表示され、レビュー数も多くかなり評価の高いプラグインであることがわかる。インストールして有効化する。

W3 Total Cacheの設定

スクリーンショット_073115_102549_PM

有効化すると、メニューバーにPerformanceという項目が追加されている。

スクリーンショット_073115_103133_PM

クリックすると利用可能な項目が開くので、General Settingsを選択。

スクリーンショット_073115_103532_PM

Page Cacheの項目でEnableにチェックを入れる。

スクリーンショット_073115_103659_PM

Database Cacheの項目でEnableにチェックを入れる。

デフォルトではBrowser Cacheにチェックが入っているはず、入っていなければチェックを入れる。この3ヶ所のチェックだけで十分なようです。始めのGeneralやMinify、Object Cacheなどは今回は利用しない。

参考サイト:PCとスマホを分けて綺麗に高速表示してくれるWPキャッシュプラグイン「W3 Total Cache」の簡単設定方法

モバイル表示の設定をする

スクリーンショット_073115_104545_PM

User Agent Groupsをクリックし、Group name:highのEnabledにチェックを入れる。スクロールしていき、Lowの方のEnabledにもチェックを入れる。設定はこれで完了。

どれだけ改善されたのか

ページのパフォーマンスを計測できるPageSpeed Insightsでスコアを調べてみました。

導入前のスコア

 

2015-07-31_20h59_29

モバイルでは、51/100。もともとかなり悪かった・・・

2015-07-31_20h59_48

パソコンでは、59/100。これも悪い・・・

導入後のスコア

2015-07-31_21h17_34

プラグイン導入後では、63/100になり、51から12もスコアが改善。

2015-07-31_21h17_48

パソコンでは、74/100と、59から16も改善されている。

まとめ

「W3 Total Cache」のプラグインを導入するだけでページのパフォーマンスが10以上もスコアが改善できたました。ページの読み込み速度を早くすると、検索エンジンやサーバー負荷の軽減にも役に立つし、何よりもユーザビリティを向上できる。なかなか表示されないサイトでは離脱率も多くなるので、訪問してくれた人のストレスにならないようにしたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする