700kbps使い放題プランがあるPanasonicの格安SIM「Wonderlink」

スクリーンショット_080815_125139_PM

Panasonicの格安SIM「Wonderlink」LTE FシリーズのF-使い放題700プランを契約してみました。最低速度で700kbpsもあり、他所のものよりは使いやすそうな気がします。

スポンサーリンク

「Wonderlink」を申し込む

スクリーンショット_080815_010329_PM

Wonderlinkのサイトに行き、詳細はこちらに進む。

スクリーンショット_080815_010825_PM

一番下までスクロールしていくと、ご契約はこちらからとあるのでそこから次へ。ここに注意書きがあり使い放題プランでも真近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合は、ネットワークの状況により速度制限をする場合があります。またデータ専用プランであるということも理解しておく。

スクリーンショット_080815_011217_PM

利用規約を確認し、契約するSIMのサイズを選択する。自分はアダプタを使えばどのサイズでも使えるnanoSIMにした。

2015-08-03_01h23_01

月々の定額費用が1,400円で消費税を入れると1,512円。契約初月は無料で、2ヶ月目から13ヶ月目まで特別価格、キャンペーン期間中で安くなっている料金です。それと初期手数料が3,240円(税込)で始めに請求されるのはこの金額になる。

2015-08-03_01h23_57

ショッピングカートに入れて、内容を確認。

スクリーンショット_080815_012351_PM

下にあるご注文手続きへ進む。購入するまでの項目が多すぎ、離脱してしまう人もいるのではないだろうか?

2015-08-03_01h27_50_080815_012703_PM

Panasonicの会員になっているのでログインすれば、配送先を入力しなくて済む。SIMの契約には会員登録が必須のようで、契約途中に退会してしまうとSIMの契約も解除されてしまうようなので注意したいところ。

2015-08-03_01h30_57

支払い方法はクレジットカードのみ。こんな時でも楽天カードが役に立つ。

2015-08-03_01h37_34

開通日を最短にすると、サービス開始予定が2015-08-07となった。申し込んだのは3日の午前1:30頃、開通までにはかなり時間がかかるようだ。

2015-08-03_01h38_48_080815_014346_PM

これで注文が完了。

開通処理には5日程かかった

SIMカードは翌日の4日に発送され、5日に届いた。SIMカードが届いても開通処理はまだされておらず、使うことができない。注文時にサービス開始予定が2015-08-07となっていたが、サービス開始のご案内というメールが届いたのが7日で、それに8月8日がサービス開始日と記載されている。7日のうちには使うことができず、8日に日付が変わり午前1時頃に試してみたら繋がった。他社では開通処理はすぐに行ってくれるものだが、PanasonicのWonderlinkでは時間がかかるというのを知っておいた方がいい。

SIMだけ先に届いてしまうと、使えるのものだと勘違いしてしまう人も多いのではないだろうか、使用する端末に設定してもつながらなければ、この端末では使えないのではという不安になってしまう。開通処理がされてから送ってきてくれたほうが良さそうな気もする。

WonderlinkのAPN設定

2015-08-05 14.27.19

Wonderlinkではプランによって設定が違うようです。F-使い放題700プランの場合では以下の通り。

  • APN(接続先) :lte.fenics.jp
  • ID(ユーザー名):wl@s.lte.fenics.jp
  • パスワード:p123456w
  • 認証方式※:PAP
  • PDP Type※:IP

※設定が必要な場合のみ

モバイルWi-FiルーターのAtermMR03LNに設定してみる

スクリーンショット_080815_022726_PM

AtermMR03LNにSIMカードを差し込み電源を入れて、Wi-Fi接続をする。パソコンやモバイル端末と繋いで、ブラウザからhttp://aterm.me/にアクセスし、ログインする。基本設定の接続先設定(LTE/3G)をクリック。

スクリーンショット_080815_022955_PM

未設定の項目から編集で新しく追加する。接続先名はなんでも良く自分がわかり易い名前で、今回はWonderlinkにした。必要項目を入力し設定をクリックする。

スクリーンショット_080815_023323_PM

新規追加したWonderlinkの国内設定をチェックして設定をクリックすれば、すぐに繋がるはず。これでつながらなかった場合には、編集に戻り正しく入力されているか確認してみましょう。

速度計測してみた

2015-08-08_01h41_48

F-使い放題700プランでは、1GBまでLTE下り最大225Mbpsの高速通信が利用できる。データ容量を使いきる前にスピードテストをしてみたところ26.39Mbpsも出た。これはかなり優秀、Panasonicのブランド力のおかげでしょうか。

Wonderlinkを契約するときの注意点

キャンペーン中の契約では12ヶ月の縛りがある

「F-使い放題700※」プランが通常価格1580円/月のところ、12ヶ月間限定で1,400円/月でご利用いただけます。※初月無料につき、2ヶ月目~13ヶ月目まで特別価格、14ヶ月目より通常価格となります。最低利用期間 12ヶ月の縛りがあります。

キャンペーン期間中に契約頂いたプランは、ご契約期間が1年間の代わりに月額費用がオトクなプランです。最低利用期間未満で解約される場合は、解約違約金が発生します。 1~12ヶ月目:7,680円(税抜)

F-使い放題700のキャンペーン中では解約違約金が発生します。1年以内で解約すると7,680円もかかってしまい割引率よりもかなり高額な違約金になっている。月額で180円(税抜)しか変わらないので、1年使うか悩むときにはキャンペーンが終わってから契約するほうが良いかもしれない。

データSIMのみ

F-使い放題700ではデータSIMのみの契約しかなく、SMS機能付きや音声付のSIMはない。電話としての機能を100%使いたい人には向いていない。インターネット回線を利用するIP電話で解決できる人や2台持ちという人には最適。

使い放題でも無制限ではない

使い放題といっても無制限に使えるわけではない。直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合は、ネットワークの状況により速度制限をする場合がある。とは言っても動画を見まくったり、大きなデータのダウンロードでもしない限りそうそう1GBは超えないと思う。

初月無料の締め日は20日

キャンペーンの初月無料というと1日に開通したら1ヶ月丸々無料期間があるように思えるが、Wonderlinkの締め日は20日のようです。無料期間をめいっぱい使いたいときには20日以降の開通が良さそう。逆に15日とかに開通してしまうと、無料期間は5日間だけということになる。

契約のプラン変更はできない

1GB使える高速通信があまりにも良いので、7GB使える「F-7G」プランでも良かったかなとおもった。途中で契約変更はできるのか調べてみたら一度解約してからの契約になる。キャンペーンで申し込んだからという理由ではなく、契約変更自体を行っていないようだ。

音楽ストリーミングサービスに最適

モバイルWi-FiルーターAtermMR03LNにWonderlinkをセットして、iPod touchと接続し、Apple Musicを4時間ほど再生してみた。正確には測れていないが0.5GBぐらい使っていそうだった。直近1日(24時間)の通信量が1GBを超過した場合は、ネットワークの状況により速度制限をする場合があるというが、1日8時間ぐらい再生しても平気そう。音楽ストリーミングサービス再生し続けていると、気付いたらかなりのデータ量を使っていたなんてこともある。F-使い放題700プランなら安心して使えそうだ。

まだ1GBを使っていないので低速にはなっていないが、700kbpsの速度になってもワイヤレスゲートの250kbpsでもそれなりに聞けていたので、それよりは快適に聞けるはず。Apple Musicは980円(税込)、Wonderlinkがキャンペーン適応で1,512円(税込)、それらを足して月額2,492円で、ほぼ聴き放題にすることができた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする