インターネット回線はどこがいいか比較したらDMM光が1番かも

スクリーンショット_022518_074053_PM

インターネット回線を比較していたらDMM光に行きついた。料金や契約内容はもちろん、キャンペーンなども含めてみたら1番良さそうだ。

スポンサーリンク

インターネット回線を探した条件

はじめにインターネット回線を比較するにあたり、個人的な条件を設けている。まず月額料金が安いというのと、初期費用がなるべく掛からないところで、できれば自動更新でないところを探してみた。以前から導入時の基本工事費に疑問を抱いていて、そこまで難しい作業をするわけではないのに数万円もとられてしまう。高額なキャッシュバックがあるキャンペーンよりも、導入費用が安い方が精神的にも安心だ。

記事作成時のキャンペーンで探しています。内容が変更となる可能性があるので公式ページを確認してください。

DMM光

DMM光のキャンペーンが1番刺さった

いろいろな回線を比較してみた結果、自分の環境だとDMM光のキャンペーンが一番良さそうだった。基本工事費が無料、キャッシュバックが20,000円、モバイルセット割2倍キャンペーンというもの。DMMモバイルのSIMを同時に利用していれば、毎月500円の値引きがされるところ、最大6か月間は2倍の1,000円が割引となる。以前からDMMモバイルは利用していて、今後も解約する予定もないため最適なキャンペーンだ。

DMMモバイルを使っていないという人が新たに契約しても適用されるので、一番安いデータ通信専用のSIMを契約してしまうのも有りだろう。

DMMモバイル

ドコモ光とDMM光を比較してみた

自分はdocomoユーザーでもあるため、ドコモ光も比較対象にしてみた。こちらでも新規工事費無料で、ドコモのスマホ料金も割引もあり、Wi-Fiルーターのレンタル料金まで無料といったメリットがある。しかし、自分の場合ドコモの割引率は良くなく、キャッシュバックはひかりTVもしくはスカパーの申込も必要ので却下とした。さらにドコモ光は2年間の自動更新であるため注意が必要だ。キャンペーン内容は変わることがあるので公式ページを確認して下さい。

WiMAXとDMM光を比較してみた

WiMAXは工事費がかからないですぐに使えるのため、DMM光にたどり着くまでは1番の候補となっていた。自宅で使えるの確認済みで、光回線よりは頼りないけれど、不便と思えることはなく快適に使うことができた。さらに持ち運びができるというのもメリットで、外出先で使いたいときには特に便利だ。しかしそこまで安いわけではないし、自動更新というのが契約を伸ばしていた最大の理由になる。悪くはないのだけれど、結論としてはDMM光の方がメリットが多いということになった。

カシモWiMAXとDMM光を比較してみた

WiMAXでも代理店がいろいろあり、比較しているとカシモWiMAXという激安のところも見つかった。はじめの1~2か月目は1,380円、3~24ヶ月目までは3,380円とかなり安い。25ヶ月目以降は4,079円と高くなるので、2年間だけ契約するならカシモWiMAXはかなりお得だ。2年以内の契約解除料金は高めで、2年後の更新月以外だと9,500円と良心的。個人的には長期契約を想定しているので、DMM光の方がキャッシュバックもあるし得だろうという結果になった。

今すぐにインターネット回線が必要という人や、光回線を契約できない住環境の人ならカシモWiMAXはおすすめかもしれない。契約期間の更新内容など、公式サイトにわかりやすく掲載されているので確認してみてはいかがでしょう。

カシモWiMAX

DMM光を契約するときの注意点

DMM光に申し込むと、希望した時間にオペレーターから電話がある。自分の場合は翌日にかかってきた。しかし繁忙期のようで最短の工事は24日後と、かなり先になるという。光回線を契約するときは、早めに申し込んでおくのが良いかもしれない。また、Wi-Fiルーターは自身で用意するか、レンタルする場合には別途料金がかかるのも把握しておくこと。

それともう1つ、電話がかかってきたときに、v6プラスタイプ接続とPPPoEタイプ接続の選択を求められる。わからなければオペレーターの方が詳しく説明してくれるので聞いてみるのが良いだろう。少し解説すると、v6プラスタイプ接続の方が面倒な設定が必要なかったり、速度が速いというメリットがある。一部利用できないサービス(一部のオンラインゲームなど)があるというデメリットはあるけれど、夜間などの混雑時でも安定した速度が見込める。その場合、v6プラス対応のルーターが必要になるのだけれど、自分で用意するよりレンタルをしてしまった方が無難かもしれない。

DMM光は2年縛りでなく安心

DMM光の最低利用期間は、課金開始日の属する翌月を1ヶ月目とし、24ヶ月目の月末まで。期間内に解約しても、解除手数料は9,500円(税別)と高くはなく良心的。また25ヶ月目以降ならいつでも解約できるのも良い。インタネット回線は電話会社同様に2年以降は自動更新というものが多く、解約のタイミングが縛られるのは好きではない。2年縛りじゃなかったので、DMM光は安心して契約できた。

キャッシュバックの詳細は確認すること

キャッシュバック特典では、受け取りの期間が限られているので忘れないようにしたいところ。

DMM光利用開始月の翌月から11ヵ月目に《お客様のDMM会員登録のメールアドレス宛て》にキャッシュバック受取り手続きの案内メールをお送りします。手続きは対象月の案内メール送付翌日から《14日間》となります。期間内にお手続きいただけなかった場合、キャッシュバック特典は無効となりますのでご注意ください。

DMM光

申し込む前に公式ページ内にある「キャッシュバック特典詳細はこちら」を確認すること。また記事作成時の情報になるので、キャンペーン内容は変更になる可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク