「HP Spectre 13-af000」余計なものをそぎ落とした極薄ノートPC

「HP Spectre 13-af000」

薄型軽量のモバイルノートPC「HP Spectre 13-af000」は、前モデルからかなりパワーアップしている。性能だけでなくデザイン面でも優れていて、高級感があり優越感に浸りたい人にはたまらない。

スポンサーリンク

「HP Spectre 13-af000」のスペック

モデル パフォーマンスモデル(アッシュブラック)
OS Windows 10 Pro (64bit)
CPU インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー (1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
メモリ 16GB オンボード 2133MHz,LPDDR3 SDRAM
ディスプレイ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1,920×1,080)
ストレージ 512GB SSD(PCIe / NVMe M.2)
グラフィックス インテル®UHDグラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
セキュリティ Windows Hello対応 (顔認証)
インターフェイス USB Type-C™ 3.1×3/電源オフUSBチャージ機能対応 (うち2つはThunderbolt™ 3 対応)
ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
メディアカードスロット なし
オプティカルドライブ なし
サイズ 約308 x 225 x 10.4(最薄部)-12.5(最厚部)mm
質量 約 1.11kg
バッテリー駆動時間 約 11 時間 15 分

レビューしているのは、「HP Spectre 13-af000」シリーズのパフォーマンスモデル(アッシュブラック)になる。1つ注意点があり、アッシュブラックの場合は英語キーボードになるので、日本語キーボードが良い場合は、セラミックホワイトを選択すること。また価格はキャンペーン等で変動するので、オンラインストアで確認してください。

HP Spectre 13 icon

「HP Spectre 13-af000」の外観レビュー

「HP Spectre 13-af000」の天板

そこいらのパソコンと一目で違いが分かる極薄のモバイルノートPC。一番薄いところは10.4mm、厚いところでも12.5mmしかない。薄いからといっても重量は約1.11kgと軽すぎるわけではなく、アルミの削り出しで強度はしっかり保たれている。

「HP Spectre 13-af000」のディスプレイ

前モデルと比べると、ディスプレイはタッチ操作に対応。ベゼルの幅は上部で40%、左右が65%も狭くなりすっきり。カメラは上部中央に位置し、Windows Helloの顔認証にも対応した。薄型軽量を維持しながら、より使いやすく進化している。

「HP Spectre 13-af000」のキーボード

前モデルでは、キーボードの左右にあったスピーカーがディスプレイ側に移動した。キーピッチは約18.7×18.4mm、薄型でもキーストロークは約1.3mmあり、バックライトにも対応している。アッシュブラックは英語キーボードになる、日本語キーボードならセラミックホワイトを選ぶこと。

「HP Spectre 13-af000」の底面

底面には通気口と、滑り止めのシリコンゴムが3本。使用中は通気口の中央部分が一番熱を持つようだ。

「HP Spectre 13-af000」の背面

インターフェイスは背面に集約されている。左側にUSB Type-C™ 3.1が3つあり、2つはThunderbolt™ 3 に対応。右側にヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート。

「HP Spectre 13-af000」の側面

背面にすべて集約しているため、左右の側面には何もなく薄型に特化している。人によっては使いづらいのかもしれないが、個人的には余計なものがなく素晴らしいデザインだと思う。

「HP Spectre 13-af000」の電源ボタン

電源ボタンのデザインも変わり、電源が入っているときにはボタンの中央が点灯している。

「HP Spectre 13-af000」のACアダプタ

65W USB Type-C™ スマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60Hz)と、中央にあるのは USB Type-C™ to USB A変換アダプター。画像にはないけれど、コンセント直付け用のダックヘッドや専用ケースも同梱している。

薄型でもスピーカー性能は抜群

「HP Spectre 13-af000」のスピーカー

Bang & Olufsen デュアルスピーカーを搭載していて、薄型でもスピーカー性能は抜群。新製品説明会のときに、前モデルのスピーカー性能と聴き比べてみると、違いが明らかに分かったほど。奥行きがあり臨場感のある音が楽しめるので、ネット動画配信サービスを良く視聴するという人にもなら、快適になること間違いなし。薄くてもこれだけの音が出せるのはスゴイ。

バッテリー駆動時間と急速充電を試してみた

バッテリー駆動時間は、製品スペックには約11時間15分と記載してある。実際にどのくらい持つのか、YouTubeの作業用BGMライブ配信で試してみた。条件は明るさは0%で常時点灯、音量はそこそこ大きい67%で再生し続けてみる。すると、約6時間で画面が消灯という結果になった。モバイルノートPCとしては長い方ではないけれど、逆に薄くてもこれだけ持つのはスゴイことだと思う。

さらに、そこから急速充電がどんなものか試してみた。製品ページには、30分で50%充電できると記載がある。30分後にバッテリー残量を確認してみると、しっかり50%充電されていた。1時間で約80%、1時間半で99%という結果になった。後半はバッテリーに負荷をかけないように、ゆっくり充電するようになっているのだろう。

このバッテリー駆動時間と急速充電の結果から、実用性はかなり高いということが分かった。

日本語キーボードならセラミックホワイト

「HP Spectre 13-af000」セラミックホワイト

アッシュブラックは英語キーボードのみになるので、日本語キーボードならセラミックホワイトを選択するしかない。高級感のあるホワイトカラーには、アニオン電着塗装が施されていて引っかき傷に強く、さらに指紋も付きにくくなる特殊処理も施されている。ブラックとは違い落ち着いたイメージで、女性にもおすすめなカラーかもしれない。

性能面では、パフォーマンスモデルの場合はアッシュブラックと同等。スタンダードモデルだとストレージの容量だけ、セラミックホワイトの方が少ない仕様になっている。とは言え、258GBもあるので十分だろう。

デザイン性の優れた極薄モバイルノート

「HP Spectre 13-af000」は薄くて軽く、余計なものがない優れたデザインのモバイルノートPCになる。2色あるカラーのうち、アッシュブラックは英語キーボードで、セラミックホワイトが日本語キーボードなのは注意しておきたいところ。どちらも高級感があり、所有欲も満たしてくれる極薄モバイルノートPCだ。

HP Spectre 13 icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク