「HP x360 11-ab000」3万円台で買えるコンバーチブル2in1

「HP x360 11-ab000」

「HP x360 11-ab000」は、ディスプレイが360度回転するコンバーチブルタイプの2in1ノートPC。128GBのSSDを搭載していて、3万円台というのはかなり安い。

スポンサーリンク

「HP x360 11-ab000」のスペック

OS Windows 10 Home (64bit)
CPU インテル® Celeron® プロセッサー N3060
メモリ 4GB
ディスプレイ 11.6インチ・HDブライトビュー・タッチディスプレイ (1366×768)
ストレージ 128GB SSD(M.2 SATA)
質量 約 1.4kg
バッテリー駆動時間 約 9時間

基本構成はHP x360ベーシックモデルになり、発売記念のお買い得キャンペーンとして割引されている。送料と消費税を追加すると4万円を超えるので、購入時には予算を考慮すること。また割引されているキャンペーンモデルは、200台限定と記載があったのでオンラインストアを確認するように。

HP x360 icon

「HP x360 11-ab000」の外観レビュー

「HP x360 11-ab000」

ディスプレイは11.6インチの光沢タイプ。安くてもWebカメラを搭載しているなど、パソコンとしての基本機能は十分に備わっている。

「HP x360 11-ab000」の天板

天板カラーはスノーホワイトのみ。画像では、中央にある「hp」のロゴ以外わかりづらいけれど、ストライプの凹凸がある。

「HP x360 11-ab000」の底面

底面はすべり止めがあるだけのシンプル設計。ファンレス構造のため静かなところでも安心して使えそうだ。

「HP x360 11-ab000」の左側面

左側面には、電源ボタン、セキュリティロックケーブル用スロット、USB3.1 Gen1 ×1、オーディオ出力(ヘッドフォン)/オーディオ入力(マイク)コンボコネクタ、音量ボタン。

「HP x360 11-ab000」の右側面

右側面には、メディアカードスロット、USB2.0 ×2、HDMI 出力端子、電源コネクター。

「HP x360 11-ab000」のキーボード

キーボードは打鍵感がしっかりとあり、とても打ちやすい。ヒンジ付近にあるメッシュ穴は、DTS Studio Sound デュアルスピーカー。パームレスト部分には、横方向のヘアラインパターンが施されていて触り心地も良い。

「HP x360 11-ab000」のACアダプタ

45W スマートACアダプター(動作電圧:100-240 VAC、動作周波数:50-60 Hz)コンパクトで軽量なため持ち運びもしやすい。特にウォールマウントプラグが付属しているのが超便利で、プラグコードを使うことはないかも。

バッテリーがどのくらい持つか試してみた

スペックでは、バッテリー駆動時間は約9時間と表記されている。実際にどのくらい持つのか、YouTubeにあった作業用BGMを再生して試してみた。画面の明るさは0%、音量は67の状態で4時間連続再生してみたところ、バッテリー残量は50%も残っていた。引き続き同じ状態で再生してみると、7時間で10%まで減り、電源に接続してくださいと警告が表示された。7時間も持ってくれれば十分なレベルで、バッテリー性能は優れていると認識して良さそうだ。

ディスプレイの映り込みはしやすい

「HP x360 11-ab000」のディスプレイ

光沢のディスプレイは、明るいところだと映り込みがしやすいというデメリットがあるので認識しておいたほうが良い。映画など動画コンテンツを視聴するときには、暗がりの方が没頭できると思う。またDTS Studio Sound デュアルスピーカーの性能も悪くないので、動画配信サービスの視聴用としても十分楽しめそうだ。

※カスタマイズ・お見積から、「HP x360 11-ab000」に対応した映り込みを抑える低反射タイプの液晶保護フィルムを同時購入することもできる。

インターフェイスが充実していて拡張性は高い

「HP x360 11-ab000」のインターフェイス

低価格帯のパソコンとしてはインターフェイスが充実している。USBは左右に合計3つもあり、拡張性が高いのは特徴的。メディアカードスロットは、SDカードがフルサイズ収納してくれるので、挿しっ放しでも邪魔にならない仕様。またHDMI出力端子も搭載していて、外部ディスプレイやテレビの大画面に出力することが簡単にできてしまう。映像コンテンツなど複数人で楽しみたいときにも便利に使える。

タブレットモードにしたときの重さは気になる

「HP x360 11-ab000」のタブレットモード

重量は約1.4kgある。パソコンとして使っているときには気にならない重さでも、タブレットとして使うときには重く感じる。低価格帯のコンパーチブルPCなので、軽さまでは求められない。予算を抑えて購入するなら重さは妥協点かもしれない。

動作が遅くなることもあるので注意

メモリ4GBに128GBのSSDのストレージを搭載ていて、3万円台で購入できるのはかなり安い。しかしCPU性能はそれほど高くはないため、動作が遅くなることがあるのは認識しておいたほうが良い。特にWindowsのアップデートプログラムをバックグラウンドでインストールしているときなど、何もしてないのに遅いということもあるので認識しておくと良い。

デメリットを把握したうえで購入するなら優れたパソコン

かなり安く購入できるパソコンなのでデメリットはある。タブレットとして使うには重かったり、動作が遅かったりというのは妥協点だ。それらを把握して購入するなら価格以上に優れたパソコンになる。ネットサーフィンや動画視聴など、軽い作業しかしないなら十分使えるだろう。またキーボードが打ちやすいのでタイピングを覚えたいという人にも良いかも。

HP x360 icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク