HP ENVY 15 x360 タッチ操作が快適な大画面コンバーチブル2in1

HP ENVY 15 x360

HP ENVY 15 x360 は、大画面15インチのコンバーチブルパソコン。これだけ大きな画面だと、タッチ操作でストリートビューや360度動画を観るのがかなり快適!

スポンサーリンク

HP ENVY 15 x360 スペック

モデルスタンダードモデル(15-cn0004TU)
OSWindows 10 Home (64bit)
CPUインテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
ディスプレイ15.6インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ(1920×1080 / 最大1677万色)
メモリ8GB
ストレージ16GB Optane メモリ+1TB ハードドライブ(7,200回転)
グラフィックスインテル® UHDグラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
オプティカルなし
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac(ギガビット対応)
Bluetooth®Bluetooth 4.2
セキュリティWindows Hello対応(指紋認証)
バッテリー駆動時間約 10 時間
キーボードバックライトキーボード (日本語配列、テンキー付き)
サイズ/質量約 359×245×19(最薄部)- 20(最厚部)mm / 約 2.11kg
インターフェイスUSB Type-C™ 3.1 Gen1 ×1(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB3.1 Gen1×2(うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1

スタンダードモデルは、ハードディスクの読み込みを速くしてくれるOptane メモリが搭載。SSDほどではないけれど、価格を抑えたコストパフォーマンスの高いモデルになります。

その他モデルのスペックは → HP ENVY 15 x360

HP ENVY 15 x360 外観レビュー

HP ENVY 15 x360ノートブックモード

HP ENVY 15 x360 は、15インチの大画面でも360度キーボードが回転するコンバーチブルパソコン。ノートブックモードでは、タイピングを主に通常のパソコンとして使える。

HP ENVY 15 x360スタンドモード

画面を反対側に立つようにしたスタンドモード。自立しやすい形で動画の視聴に向いている。

HP ENVY 15 x360テントモード

画面を逆さまにしキーボードと2面で支えるテントモード。狭いスペースでも置くことができるのがメリット。

HP ENVY 15 x360タブレットモード

キーボードを360度回転させたタブレットモード。Spectre アクティブペン (ナチュラルシルバー)も通常同梱されています。

HP ENVY 15 x360フラットモード

4つのモードとして紹介されていますが、画面をフラットにした状態でも使うことができます。この状態ならまだキーボードを扱うことができ、180度以上開くと誤動作しないように無効化される仕様。

HP ENVY 15 x360ディスプレイ

15.6インチ・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ。光沢タイプのため鮮やかではあるが、見る角度により映りこみがある。

HP ENVY 15 x360キーボード

キーボードはテンキー付きで、バックライト機能も備わっている。キーピッチは約18.7×18.7mm、キーストロークは約1.5mmあるけれど打ち心地は浅い感じ、打鍵音は静かです。

HP ENVY 15 x360天板

天板カラーはナチュラルシルバー。全面アルミニウムで高級感がある。

HP ENVY 15 x360模様

キーボード側のヒンジの間だけ、高級な包丁やナイフにも使われるダマスカス鋼の模様が施されている。スタンドモードの時が一番目立つかも。

HP ENVY 15 x360左側面

左側面には、電源コネクタ、USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、電源ボタン、ヘッドフォン出力/ マイク入力コンボポート、SDカードスロット。

HP ENVY 15 x360右側面

右側面には、音量ボタン、指紋認証センサー、USB Type-C™ 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、HDMI 2.0 出力端子。

HP ENVY 15 x360底面

底面は通気口があるだけのシンプルなつくり。

HP ENVY 15 x360ACアダプター

ACアダプターはType-Cではないのが残念なところ。また電源コードが太めのため、3ピンのアダプタがあると便利に使えるかも。

ちょっと重いが薄型でデザイン良し

ディスプレイが15インチということもあり、質量は約2.11kgと少し重みはある。これだけあると、画面を回転させるときには少し気になるかもしれない。しかし見た目がゴツイわけではなく、どちらかというと薄型だと思う。またナチュラシルバーのアルミニウムボディは高級感があるのも特徴。インターフェイスも充実しているし、デザインは優れている。

ストリートビューや360度動画が快適

タッチ対応の大画面を使ってみると、動画の視聴がとても快適だと思った。特にGoogleマップのストリートビューやYouTubeの360度の画など、見る方向を変えられる動画には最適。タッチするだけで素早く向きを調節できるため、見たい方向を調節しやすいし、大きな画面のため臨場感も増す。さらに音の良い動画なら、Bang & Olufsen デュアルスピーカーが立体感のある音も楽しませてくれる。

予算があるならスタンダードプラスモデル

HP ENVY 15 x360 のスタンダードモデルは、Optane メモリを搭載したリーズナブルなモデルになります。予算があるならスタンダードプラスモデルの方がおすすめ。256GB SSD(PCle NVMe M2)+1TB ハードドライブが搭載していて、バッテリー駆動時間も1時間長くなります。また、ワイヤレスディスプレイアダプター + 2本目のペン + 2つ目のアダプターがセットになったお得なセットも販売されていたので、オンラインストアを確認してみてください。

HP ENVY 15 x360

コメント

タイトルとURLをコピーしました