HP Spectre x360の臨場感がやばい!音響が抜群の2in1パソコン

HP Spectre x360 13-ae000

新しくパワーアップしたHP Spectre x360 13-ae000のレビューです。全体的に優れた2in1のノートパソコンで、特に音の良さに驚かされた。動画を視聴するのに、これ以上のものはないかも。

スポンサーリンク

HP Spectre x360 13-ae000のスペック

  • OS:Windows 10 Home (64bit)
  • CPU:インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
  • ディスプレイ:13.3インチ フルHDブライトビュー・IPSタッチ対応(1,920×1,080)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD (PCIe / NVMe M.2)
  • サイズ:約 307mm × 218mm × 13.6mm
  • 質量:約 1.29kg
  • バッテリー駆動時間:約 16時間 45分

このスペックはベーシックモデル。薄型で軽量、バッテリー性能も良くパフォーマンスは抜群。さらにハイスペックとなるインテル® Core™ i7-8550U プロセッサーを搭載した、スタンダードモデル、パフォーマンスモデル、プロフェッショナルモデルもある。

→ HP Spectre x360 icon

HP Spectre x360 13-ae000の外観レビュー

HP Spectre x360 13-ae000タブレットモード

ディスプレイは360度回転してタブレットとしても使える、2in1コンバーチブルタイプのノートパソコン。

HP Spectre x360 13-ae000左側面

左側面には、USB3.1 Gen1 ×1、ヘッドフォン出力 / マイク入力コンボポート、電源ボタンがあり、少し離れてmicroSDカードスロット。

HP Spectre x360 13-ae000右側面

右側面には、音量ボタン、指紋リーダー、USB Type-C™ 3.1 Thunderbolt™ 3 ×2。ディスプレイを閉じていると、13.6mm~15.5mmだけしかなく薄い。

HP Spectre x360 13-ae000キーボード

キーボードはバックライト付きで、イメージパッドは大きめ。ヒンジ近くのメッシュ穴がBang & Olufsen スピーカーになっている。

HP Spectre x360 13-ae000キーボード右

キーピッチ:約18.7mm、キーストローク:約1.3mm。少し浅めだけれど、そこそこの打ち心地。右側にHomeキーなどが並んでいるのが特徴で、慣れるまでは打ち間違えてしまいそうだ。

HP Spectre x360 13-ae000天板と裏側

天板カラーはアッシュブラック、底面の色も統一されている。ヒンジ部分とHPのロゴはゴールドで、高級感のあるデザイン。

HP Spectre x360 13-ae000のスピーカー

底面の両側にもスピーカーがあり、キーボード側と合わせて合計4つ搭載したクアッドスピーカーになる。これのおかげで、ノートブック/タブレット/スタンド/テントのすべてのモードで臨場感ある迫力のサウンドを体験できる。

HP Spectre x360 13-ae000のACアダプタ

ACアダプタはUSB Type-C。プラグ部分は取り外しができて、延長コードが付けられる。バッテリーの持ちはいいので、外出先で使うときには持ち運ばなくても十分かもしれない。

2in1コンバーチブルとしてのパフォーマンスは抜群

最新の第8世代 インテル® Core™ プロセッサーを採用していて、第6世代プロセッサーと比較すると、最大約 187% もの高性能だという。また、NVMe対応 PCIe接続のSSDを採用していて、HDDよりも最大30倍も高速になる。起動はめちゃくちゃ早く、10秒もかからなそう、動作もサクサクで実に快適だ。さらにバッテリー駆動時間は16時間45分と長いのも特徴。実際そこまでは持たないけれど、1日持ち運んで使えるほど。急速充電にも対応しているのも便利。

音がとにかくヤバい!動画の視聴に適したパソコン

パソコンとしての性能が良いだけでなく、音響システムが特に素晴らしい!コンパクトなノートパソコンでも、ここまで立体的な音を体験できるのだと驚かされた。今までいくつものノートパソコンを使ってみたけれど、ここまでよいものはない、現状ではNO.1だろう。音楽を聴くのもいいし、NetflixやHuluなどのオンデマンドコンテンツなども存分に楽しめる。動画をよく観るという人には特におすすめのパソコンだ。

オプションのプライバシービューモード

HP Spectre x360 13-ae000のプライバシービューモード

ボタンを押すだけで、のぞき見防止対策ができるプライバシービューモードがオプションで追加できる。

内蔵型 覗き見防止スクリーン(HP Sure View)

ワンタッチで液晶の分子構造を変化させ、スクリーンを白濁させることで、水平方向のコントラストを落とし視野角を狭めます。

ただし、追加できるのはアッシュブラックのみとなり、パフォーマンスモデルも不可。ナチュラルシルバーと限定カラーのローズゴールドには対応していない。追加したいときは、カラー選択で「アッシュブラック(プライバシーモード対応)」に変更する必要がある。

ログインは顔認証と指紋認証に対応

サインインオプションのWindows Helloにも対応。顔認証と指紋認証の両方が標準搭載している。顔認証だけあれば十分かと思うけれど、2in1コンバーチブルの場合は人それぞれ使い方が違うため、両方あると便利。タブレットモードや180度開いているときなど、指紋認証でログインすれば、カメラをのぞき込む必要がなくなる。

ベーシックモデルでも十分!予算があるなら

ベーシックモデルは、インテル® Core™ i5-8250U プロセッサーにメモリ8GBと、ほとんどの人が十分なスペック。ただし、ストレージが256GBと多くはない。容量だけ増やすことはできないようで、足りなそうならスタンダードモデルや、プロフェッショナルモデルにする必要がある。予算があるならアクティブペンが同梱されているプロフェッショナルモデルがおすすめ。またパフォーマンスモデルは4Kディスプレイで性能は良いけど、バッテリー駆動時間が短くなり一般的ではないかな。

記事作成時の情報になるので、正確にはオンラインショップで確認してください。

HP Spectre x360 icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク