全天球360度カメラで撮影したものをシェアするなら静止画がおすすめ

全天球360度カメラ400-CAM063

#サンバサダー #サンワダイレクト の全天球360度カメラ400-CAM063をレビューしてから、もう少しいろいろ試してみた。撮影したものは専用アプリで十分楽しめるのだけれど、共有する場合には静止画の方が良さそうだ。

スポンサーリンク

全天球360度カメラ400-CAM063の使い方

全天球360度カメラ400-CAM063の使い方は製品ページから確認できる。製品に同梱されているものと同様の「3D VRカメラ取扱説明書」がPDFで見れるほか、YouTubeへの360°動画アップロード方法やLINEでの360°画像アップロード方法(iPhone)が確認できる。

360度上下左右全方位の撮影ができる、全天球360度カメラ。iPhoneやAndroidスマートフォンに専用アプリをインストールすれば、撮影した画像をスマホですぐ確認できる。360度ビューに対応しているSNSなどで、360度画像や動画を共有可能。静止画、動画撮影可能。黒色。【カメ

実際に使ってみないとわからないこともあるので、少し補足してみます。

専用アプリで楽しむときの撮影方法

全天球360度カメラ400-CAM063の撮影方法

専用アプリを使えば本体の録画ボタンを押さなくてもリモートで撮影ができる。360度全方位撮影してくれるのでどの位置からとっても良さそうだけれど、カメラの向きも重要。360度の中で一番見てほしい被写体に向けて、録画ボタンやディスプレイが手前になるように撮影するのが基本になる。そうすると、動画のスタート時にその方向から始まってくれる。静止画も同様。撮影場所によっては気にしなくても良かったり、あえてずらして撮ったりもできるので、この特性は把握しておくべきだろう。

YouTubeにアップロードすると反対になる??

専用アプリでは正面で始まるのに、YouTubeにアップロードすると逆になってしまった。YouTube用に撮影するときにはあえて逆に撮るか、そもそも360度回転するので気にする必要はないと割り切るほうが楽。編集方法はありそうだけれど、今後アプリのアップデート等で改善さることを期待したい。

動画の場合は画質があまり良くない

動画の画質変更

静止画の解像度は、5M(3008×1504)に対し、動画の解像度は、960P(1920×960 30fps)と低い。共有するときに画質を「高い」に設定しても元の画質が高くないので荒い映像になってしまう。専用アプリで楽しむだけなら十分なのだけれど、YouTubeなどにアップロードするとさらに画質は調整されてしまうようで、あらかじめ認識しておいたほうが良い。楽しめないわけではなく、質にこだわる人には向かないということ。

動画のトリミング方法は2種類

動画のトリミング方法

撮影した動画はトリミングをして書き出すことができる。アップロードの共有開始をする前に、映像が表示されている下のバーを動かして前後を短くすることが可能。映像はピンチアウトして見やすくできるので、切り出したいタイミングも確認しやすい。アプリを使わないで撮影した時には録画ボタンを押さなければいけないので、その時に映り込んだところも削除できる。

YouTubeアップロード時のトリミング

もう1つの方法は、YouTubeにアップロードするとき。動画のアプロードしたいところだけ、長さを自由に調節できる。YouTubeならアップロードした後でも、パソコンで編集やトリミングは簡単だ。

共有を開始するときの回転とは

共有を開始するときの回転とは

共有開始する前、画質設定の上に回転というのがある。デフォルトの0から、90、180、270と旋回角度を変更できる機能。

回転90

90にして書き出してみると、スマートフォンを縦にしたときに見やすい動画になった。縦長のものを撮影した時には使えそうだ。180も試してみると、真っ黒の映像になってしまい観ることができなかった。270は90が逆さになるだけなので、ほぼ使わない。90だけあれば十分な機能かも。

静止画の方が画質が良くSNS向き

静止画の解像度は 5M(3008×1504)

静止画の解像度は 5M(3008×1504)あり、動画でアップロードしたものよりも鮮明に状況を把握できる。景色を撮影する場合には必ずしも動画である必要はなく、静止画の方が観たいところをゆっくり確認できるというのもメリット。特にSNSにアップするなら質が良い方が好かれやすい傾向があり、動画よりも静止画の方が良いのかも。

Twitterにアップロードした動画と静止画

Twitterにアップロードした場合、Twitter上では確認できないのがデメリット。リンクをたどって表示しないと360度すべてを観ることができないのが残念なところ。動画の場合には繰り返し再生してくれるので、VRゴーグルで観るときには楽かもしれない。ちなみにこの映像は動画だけれど移動はしていない。

静止画でもリンクをたどらないと360度すべてを観ることができない。動画よりも解像度が良く、Googleストリートビューのように(移動できないけど)観ることが可能。また放置していると自動で動いてくれるようで、そのまま楽しめる。VRモードにすれば、見たい方向を向くだけで映像もついてきてくれる。

360°画像ならビジネス用途でも活躍しそう

Twitterにアップロードした360度の静止画

Twitterにアップロードした360度の静止画を、VRモードにすると中央に十字ガイドが表示される。上の画像では少しわかりづらいけれど左右の中央にそれぞれ小さな十字がある。それをVRゴーグルで確認すると焦点が合いやすく、とても観やすくい仕組みになっていた。試した画像は屋外だけれど、屋内であればお店のPRなどでも十分使えそうな気がする。TwitterやFacebookにアップロードすれば不特定多数のアプローチも可能。これからVRゴーグルも普及していきそうなので、ビジネス用途でも活躍しそうだ。

VRゴーグル(スマホ対応・眼鏡対応・動画視聴・ヘッドマウント・VR SHINECON)【400-MEDIVR2】ならサンワサプライが運営する「サンワダイレクト」の通信販売にお任せください。スマートフォンで手軽にVR体験ができる、VRゴーグルの登場です!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク