Vostro 13 5000 (5370)とVostro 14 5000 (5471)を比較してみた

Vostro 13 5000 (5370)とVostro 14 5000 (5471)の比較

DELLのビジネス向けノートパソコン Vostro 13 5000 (5370) と Vostro 14 5000 (5471) が発表された。法人向けで13インチサイズの発売は今回が初だという。

スポンサーリンク

Vostro 13 5000 (5370)とVostro 14 5000 (5471)の比較

重量の比較

Vostro 13 5000 (5370)Vostro 14 5000 (5471)

両方ともアルミを使用していて、耐久性のあるデザイン。重量がVostro 13 5000 (5370)は約1.410kg~、ひと回り大きいVostro 14 5000 (5471)は約1.685kg~で、その差が0.275kgになる。

インターフェイスの比較

Vostro 13 5000 (5370)の右側面Vostro 14 5000 (5471)の右側面

Vostro 13 5000 (5370)では、Micro SDカードリーダーで、Vostro 14 5000 (5471)ではSDカードリーダーになり、LAN端子も付いている。

Vostro 13 5000 (5370)の左側面Vostro 14 5000 (5471)の左側面

左側面のインターフェイスは同じ。どちらもUSB 3.1 Gen1 Type-C™(DisplayPort/電源供給対応)とHDMI端子が備わっている。

ディスプレイの比較

Vostro 13 5000 (5370)のディスプレイVostro 14 5000 (5471)のディスプレイ

どちらもFHD(1920×1080)IPS非光沢。ベゼル幅を比べてみるとVostro 14 5000 (5471)の方がカメラ側が少し広くて、フレームに角があるのが分かる。

キーボードの比較

Vostro 13 5000 (5370)のキーボードVostro 14 5000 (5471)のキーボード

キーボードは両方ともバックライト付きで防滴対応。Vostro 14 5000 (5471)ではパームレストもアルミを使用していて、タッチパッドのところがダイヤモンドカットのデザインで高級感がある。また、タイプ感はVostro 14 5000 (5471)の方が少しだけ良く感じた。※キーストロークは公開していないらしい。

天板・カラーの比較

Vostro 13 5000 (5370)の天板Vostro 14 5000 (5471)の天板

ローズゴールド(内面はリッチ・ウォールナット・ブラウン)と、シルバー(内面はノクターンブルー)の2色。外側と違う色にしているのは、仕事するうえでよく目にする部分の為、あえて暗い色を採用しているという。Vostro 14 5000 (5471)の場合、シルバーはプラチナ・シルバーという名称になる。

底面の比較

Vostro 13 5000 (5370)の底面Vostro 14 5000 (5471)の底面

Vostro 13 5000 (5370)では4つのすべり止めがあり、Vostro 14 5000 (5471)では前後に2ラインのすべり止めという違いがあった。

スペックの比較

製品

Vostro 13 5000 (5370)

Vostro 14 5000 (5471)

ディスプレイ 13.3″FHD(1920×1080)IPS非光沢 14.0″FHD(1920×1080)IPS非光沢
OS Windows 10 Home / Professional 64bit(日本語) Windows 10 Home / Professional 64bit(日本語)
CPU Core i5-8250U Core i7-8550U Core i5-8250U Core i7-8550U 
メモリ 4GB 2400MHz DDR4 8GB 2400MHz DDR4 4GB 2400MHz DDR4  8GB 2400MHz DDR4 
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 1TB HDD 256GB SSD
光学ドライブ 非搭載 非搭載
グラフィックス Intel® UHD グラフィックス 620  AMD Radeon® 530 4GB Intel® UHD グラフィックス 620  AMD Radeon® 530 4GB
バッテリ 3セル(38WHr)駆動時間 最大約10時間
急速充電(15分で0~35%充電 65Wアダプタ時)
3セル(42WHr)駆動時間 最大約9時間48分
急速充電(60分で0~80%充電)
接続端子 USB 3.1 Gen1 Type-A×2
USB 3.1 Gen1 Type-C™×1
HDMI×1
micro SDカードリーダー
USB 3.1 Gen1 Type-A×2
USB 3.1 Gen1 Type-C™×1
HDMI×1
SDカードリーダー
通信 802.11ac + Bluetooth 4.2 ギガビットイーサネット
802.11ac + Bluetooth 4.2
カラー シルバー(内面:ノクターンブルー)
ローズゴールド(内面:リッチ・ウォールナット・ブラウン)
プラチナ・シルバー(内面:ノクターンブルー)
ローズゴールド(内面:リッチ・ウォールナット・ブラウン)
サイズ 高さ:15.81~17.55 mm
幅:323.9 mm
奥行き:219.9 mm
高さ:16.1~17.4 mm
幅:343 mm
奥行き:240.8 mm
最小重量 1.410kg~ 1.669kg~
価格(税抜) 99,980円 107,980円 134,980円 89,980円 104,980円 124,980円

オプションで、Windows Hello対応の指紋認証つき電源ボタンにすることができる。「Inspiron 13 7000」で試したことがあるけれど、反応は良くおすすめ。

※記事作成時の情報です。正確な情報は公式サイトを確認してください。

New vostro 13 5000_5370(2017年12月19日発売)

New vostro 14 5000_5471(2017年12月19日発売)

Vostro 14 5000 (5471)の方が魅力的

今まで法人向けでは13インチのモバイルノートは販売されていなかったようで、今回のVostro 13 5000 (5370)が初となるという。13インチの要望が多かったのかもしれないが、個人的にはVostro 14 5000 (5471)の方が魅力的だ。持ち運ぶなら小さいほうが良いのだけれど、少ししか変わらないしキーボードのタイプ感が良かったというのも決めてかな。構成はCore i5のSSDモデルがおすすめ。最新の第8世代CPUは40%ほどパフォーマンスが上がっているようで、Core i7までは必要なさそう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする