Hibuds F1 クーポンで激安!コンパクトな完全ワイヤレスイヤホン

Wallmum Hibuds F1 は、インナーイヤー型のコンパクトな完全ワイヤレスイヤホン。クーポンで安く買えるので、音質にこだわらなければありかも。

スポンサーリンク

クーポン適用で約2,000円

調査時の価格が、3,288円。これに1,200円のクーポンがあり、適用すると約2,000円で購入できます。有効期限は、2021/11/30まで。これだけ安ければ雑に扱えるし、無くしたとしても痛くない。音質にこだわる人には向かないので、コンパクトさと価格で判断してみてください。

※価格は調査時の情報です。製品ページを確認してください。

スペック

製品タイプインナーイヤー型
完全ワイヤレスイヤホン
ドライバー13mm
重さ
(実測)
合計: 約44g
イヤホン単体: 約3g×2
充電ケース: 約38g
防水規格IPX5
Bluetooth5.0
対応コーデックAAC
SBC
連続再生時間6時間
ケース充電含め合計30時間
ANC非対応
バッテリー容量イヤホン:45mAh
充電ケース:400mAh
インターフェースUSB Type-C
ワイヤレス充電非対応

最大再生時間について、バッテリー容量から計算すると30時間はないような気もします。

バッテリーテスト

イヤホンだけでどれくらい再生できるか試してみました。使ったスマホは、OPPO A5 2020 で、音量は半分よりちょい低め。

再生時間電池残量目安
1時間80%
2時間60%
3時間50%
4時間40%
5時間20%
6時間10%

左耳の方が5時間40分ぐらいで先に電池切れ。右耳は6時間ちょっと持ちました。イヤホン自体の再生時間はスペック通り。バッテリーロウなどの音声アナウンスはなく急に切れます。ちなみに説明書には、イヤホンの再生時間は4時間と記載あり、製品ページには6時間となっている。

製品仕様に充電時間は60分と記載がある。これは充電ケースのことかもだけど、充電ゼロ状態のイヤホンを充電ケースに入れてたら1時間以内には完了していました。

Hibuds F1 外観

製品ケースは、上か下から引き抜くタイプ。ちょっと硬め。アクセサーリーケースにはUSBケーブルのみで、充電ケースの下側に説明書が入っている。

充電ケースのふたは、開閉のしやすい磁力でしっかり止まるタイプ。

イヤホン外側のアイコン部分がタッチ操作に反応する。反応は良く軽いタッチで操作できるが、逆に誤動作もしやすいため、筒状の部分を持つようにすると良い。

内側にあるLEDランプでペアリングの状態を確認できる。ペアリング中は点滅し、完了すると消灯。

充電ケースの中はイヤホンの形で、左右を間違えずに差し込めば磁力で収まってくれる。

充電ケースの表側にLEDランプがあり、イヤホン充電中は青点灯。下側にUSB Type-Cがあり、充電ケースを充電しているときは赤点滅、完了すると赤点灯。

背面、側面、上部には何もなくシンプルな作り。ワイヤレス充電は非対応。

付属品は、USBケーブル、日本語対応の説明書のみ。

Hibuds F1 使い方

機能イヤホン左イヤホン右
再生/一時停止1回タップ1回タップ
前の曲へ2回タップ
次の曲へ2回タップ
着信受話/通話終了2回タップ2回タップ
着信拒否4秒間長押し4秒間長押し
音声アシスタント3回タップ3回タップ

上の表は、ステレオモードの操作方法。説明書の表記では、前の曲へと次の曲へが逆で間違えていました。片耳だけで使うモノラルモードでは、左耳の場合でも2回タップで次の曲への動作となるようです。後はほぼ同じ。

リセット方法はなく、接続機器側から解除して再接続するしかなさそう。

Hibuds F1 装着感

装着感は悪くないです。耳の窪みに違和感なく収まってくれます。軽い運動ぐらいであれば落ちることはなさそう。ただタッチ反応が良すぎるため、装着するときに誤動作しやすいです。筒の部分をもって着けるか、誤動作前提で着けてから操作し直すのも有かも。

Hibuds F1 音質

レビュー用に製品提供していただいたものですが、音質最高!とまではいきませんでした。インナーイヤー型なので音は広く感じます。しかし音にひずみがあり、曲によってはかなり気になる。それと、再生中にカタカタとわずかにノイズが入ります。高級イヤホンに慣れている人や、音にこだわりがある人にはおすすめはできない。Amazonのレビューは良すぎるため、購入するなら過度な音質の期待はしないこと。

こんな人に向いている

  • コンパクトさを重視する人
  • 音質にこだわらない価格重視の人
  • よく落としたり無くす人

クーポンの有効期限は、 2021/11/30まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました