Surface Book 2 が快適!最もパフォーマンスが高い着脱式の2in1

Surface Book 2

究極のノートPCと言われたSurface Bookが、新しくSurface Book 2になってさらにパフォーマンスが向上した。クアッドコアのプロセッサにGeForce GTX 1050を搭載していて、その辺の2in1パソコンとは格が違うぞ。

スポンサーリンク

Surface Book 2のスペック

  • OS:Windows 10 Pro (64bit)
  • CPU:第8世代 インテル® Core™ i7-8650U クアッド コア プロセッサ
  • ディスプレイ:13.5 インチ PixelSense™ ディスプレイ
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:1TB PCIe SSD
  • グラフィックス:NVIDIA® GeForce® GTX 1050 
  • サイズ:312 mm x 232 mm x 15 mm-23 mm
  • 質量:約 1.642kg
  • バッテリー駆動時間:最大17時間

今回のSurface Book 2 は、13.5インチのモデルの最高構成でかなりのハイスペック。着脱式の2in1PCなのに、グラフィックスまで搭載しているのがスゴイ。パフォーマンスは最高だが、その分それなりの価格になってしまう。ストレージやメモリを少なくすることで価格は抑えられるけど、CPUをCore i5にしてしまうとグラフィックスは統合型になってしまうので注意。それぞれの構成価格は公式サイトで。

Surface Book 2の外観レビュー

Surface Book 2

着脱式の2in1でも、見た目は普通のノートパソコン。とは言え、アルミボディで高級感はある。

Surface Book 2の背面

タブレットとしても使えるので、背面にもカメラを搭載。

Surface Book 2の右側面

右側面には、USB Type-C、Surface Connect(ACアダプタやSurface ドッグの接続)があるだけ。前モデルのSurface Bookから改善されたのが、USB Type-Cで、使いやすくなっている。対応したアダプタがあれば、USB Type-Cからの充電も可能。それとディスプレイ側上部にある穴は、3.5mmヘッドフォンジャック。

Surface Book 2の左側面

左側面には、USB 3.0×2、SDカードスロット。カードスロットはフルサイズの収納はしないタイプで、挿しっ放しで使うのに向かない。

Surface Book 2の底面

底面はすべり止めがあるだけでとてもシンプル。

Surface Book 2の上部

タブレットとして使うことが考慮されているため、電源ボタンを音量ボタンがディスプレイの上部にある。ディスプレイの両端にある隙間はスピーカーになっていて、臨場感のある立体的な音が出る。

Surface Book 2のキーボード

キーボードは打ちやすく、タッチパッドやパームレストが広めで扱いやすい。バックライトも搭載されいて、3段階の明るさ調節ができる。

Surface Book 2のACアダプタ

ACアダプタには、USBポートが付いているのは便利に使える。前モデルと比べると102Wと少し大きめになってしまった。性能の良いグラフィックスを搭載しているので、大きくなってしまうのはしょうがないことなのだろう。

Surface Book 2 の着脱プロセス

Surface Book 2 の着脱プロセス

Delの隣にあるボタンを押すことで、ディスプレイ部分を取り外すことができる電子ロック式。

Surface Book 2 のディスプレイを外したところ

キーボード部分を取り外すことで軽量になりタブレットとして使いやすくなる。取り付ける際には、凸部分に合わせてディスプレイをはめるだけで自動的にロックされる。

Surface Book 2 のディスプレイを反転

ディスプレイを反対向きに取り付けるとおかしな感じになるけれど、ここから閉じればSurfaceペンなどでの作業がしやすいスタジオモードになる。

Surface Book 2 のスタジオモード

ヒンジ部分が少し厚みがある分、奥が少し高くなり作業はしやすい。ディスプレイのみでタブレットのように使うより、キーボードとつながっているスタジオモードの方がSurface Book 2の機能をフルに活用できる。バッテリーの駆動時間が延びるだけでなく、キーボード側にグラフィックスが搭載されているためだ。そのため作業途中だとディスプレイの取り外しができないよう警告が出る仕様になっている。

Surface Book 2はバッテリー性能も抜群

Surface Book 2 のバッテリー性能

Surface Book 2のバッテリー性能はかなり良い。ディスプレイ側とキーボード側のデュアルバッテリーで長時間駆動が可能だ。バッテリー1がディスプレイ側で、バッテリー2がキーボード側。キーボード側を優先的に使っているせいか、バッテリー2の方が消耗しやすいようだ。取り外して使う時には、バッテリー1がどれくらい残っているかを確認するとよさそう。

ゲームも出来る2in1パソコン

Surface Book 2 の通気口

2in1のパソコンなのにゲームまでこなせるスペックを備えていて、大抵のゲームを快適に遊ぶことが出そうだ。さすがにハイエンドのゲーミングパソコンには劣るけれど、Surface Book 2 なら軽量で、持ち運びをしやすいというメリットはある。ただ、負荷をかけ続けたときの放熱はどうなのだろうか。ディスプレイ側はファンレス、キーボード側には搭載されていて、ヒンジ近くにあるスリットが通気口になるようだ。ガチでゲームをやる人向けではないけれど、仕事から遊びまで何でもこなせる2in1パソコンになる。

15インチのSurface Book 2も発売される

さらにパフォーマンスの高い15インチの Surface Book 2 が4月6日に発売されるようだ。15インチディスプレイにグラフィックスがNVIDIA® GeForce® GTX 1060にグレードアップされている。記事作成時に公式ページを確認してみると予約受付中となっていたので、価格等は確認してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク