Surface Pro LTE モデルに注目!ストレスフリーの作業環境を実現

Surface Pro LTE Advanced

SIMを挿してどこでも使える「Surface Pro LTE モデル」が発売される。場所や時間にとらわれない、生産性を高める究極の一台だ。

スポンサーリンク

Surface Pro LTE モデルは5月1日発売予定

Surface Pro LTEは、法人モデルのみ昨年の12月から発売していて、途中生産が追い付かなくなるぐらい良く売れていたという。一般向けの販売は5月1日予定とのことで、記事作成時は製品ページで予約受付中となっていた。構成の選択肢はなく、インテル® Core™ i5 プロセッサ搭載モデルのみになるようだ。価格等は製品ページを参考に。

SIMフリーのため自由に差し替えて使える

Surface Pro LTE Advanced 対応SIM

SIMフリーのため、対応キャリアの制限はなく自由に差し替えが可能。画像ではAPN設定が済んでいるものが掲載されているだけで、この他でもAPN設定さえすれば使えるという。Surface Pro LTE モデルを購入したときに、新たに通信契約するならおすすめはIIJmio。20GB・30GBの大容量オプションを追加しても料金は安く、頻繁にキャンペーンなどやっているので注目しておくと良いだろう。

キャンペーン情報

キャリア アグリゲーションに対応した高速通信

通信速度は最大で450Mbps。複数の周波数帯の電波を束ねて同時に使用するキャリアアグリゲーションに対応した高速通信となる。

LTE対応バンド 1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、19、20、26、28、29、30、38、39、40、41

通信環境があるとセキュリティ面でも強化

インターネット環境に繋がっていると生産性が増すだけでなく、セキュリティの面でも強化される。紛失時にはGPS機能を利用して、スマホで探すこともできるという。また法人向けの場合だと、 Microsoft Intune などのモバイルデバイス管理システム (MDM) と連携することで、端末の中にあるデータを遠隔で削除することも可能なようだ。

SIMスロットはキックスタンドの内側

Surface Pro LTE Advanced SIMスロット

SIMスロットはキックスタンドを開いた中にある。SDカードスロットの隣にあり、SIMピンを使わないと取り出すことができない仕様になっている。SIMのサイズは一番小さいnanoSIMとなる。

Surface Pro と LTE モデルの違い

Surface ProとLTE Advancedの違い

Surface Pro と LTE モデルでは、キックスタンドを開かなくても見た目に明かな違いがあった。画像にある左がLTE モデルで、右が通常のSurface Pro。LTEモデルの方がフラットですっきりしていて、これで電波がつかみやすくなっているのだという。

バッテリー駆動時間はSurface Proよりも短い

バッテリーも持ちは、残念ながら通常のSurface Proよりも1時間ほど短くなるというデメリットがある。ネットワークにつなげている分、消費するのはしょうがないことなのだろう。しかし、それでも最長約 12.5 時間の連続ビデオ再生が可能なので、十分といえば十分かもしれない。

Wi-Fiルーターやデザリングの必要なく快適

持ち運びがしやすく機動力の高いSurface Proだと、特にLTE モデルが便利になる。Wi-Fiルーターを持ち運ぶ必要もなく、デザリングでつなぐ必要もない。スタバなどWi-Fiが使えるカフェを探したりなど、通信環境を気にしなくて使えるのはメリット。モバイル生産性を高めたい人にはおすすめな一台だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク