「Surface Go」を使ってみたら音が良くて驚いた!仕事も遊びも行けそうだ

「Surface Go」

最小、最軽量の「Surface Go」を使ってみました。持ち運びに特化したサイズ感なのが特徴だけれど、小さいながら優れたパソコンのようだ。

スポンサーリンク

「Surface Go」のスペック

製品名 Surface Go
ソフトウェア S モードの Windows 10(レビュー機は、Windows 10 Home)
Office Home & Business 2016
CPU Intel® Pentium® Gold Processor 4415Y
ディスプレイ 画面: 10 インチ PixelSense™ ディスプレイ
解像度: 1800 x 1200 (217 PPI)
縦横比: 3:2
コントラスト比: 1500:1
タッチ機能: 10 ポイント マルチタッチ
Corning® Gorilla® Glass 3
メモリ 4 GB または 8 GB の RAM
ストレージ eMMC ドライブ: 64 GB
ソリッド ステート ドライブ (SSD): 128 GB SSD
グラフィックス Intel® HD Graphics 615
ワイヤレス Wi-Fi: IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 互換
Bluetooth 4.1 ワイヤレス テクノロジー
バッテリ駆動時間 ビデオ再生は最長 9 時間可能
セキュリティ エンタープライズ レベルのセキュリティを実現する TPM 2.0 を搭載
Windows Hello 顔認証サインインによるエンタープライズ クラスのセキュリティ
カメラ、ビデオ、オーディオ Windows Hello 顔認証カメラ (フロント)
5.0 MP フロント カメラ (1080p Skype HD ビデオに対応)
8.0 MP のオートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオに対応)
シングル マイク
Dolby® Audio™ Premium 対応の 2 W ステレオスピーカー
本体サイズ 245 mm x 175 mm x 8.30 mm
重量 1.15 ポンド (522 g) 以上
タイプ カバーを除く
外部端子 1 x USB-C
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
1 x Surface Connect ポート
Surface タイプ カバー ポート
microSDXC カード リーダー
Surface Dial オフスクリーン操作に対応
パッケージ内容 Surface Go
電源アダプター
クイック スタート ガイド
安全性および保証に関するドキュメント
保証書

タイプ カバー、Surface Dial、Surface ペン、および一部のソフトウェアやアクセサリは別売り。

【参考】Surface Go

「Surface Go」の外観レビュー

「Surface Go」ディスプレイ

10インチディスプレイは、縦横比3:2になっている。一般的なパソコンより縦が長く、Web閲覧や作業がしやすい仕様。

「Surface Go」キックスタンド

背面のキックスタンドは、無段階で稼働するため好きな角度で自立してくれる。開いたところにある窪みが、SDカードスロット。

「Surface Go」ノートブック

別売りのタイプカバーを取り付けて、ノートブックのように使える。キーボード部分は磁石でくっつき、斜めになってくれるため打ちやすい角度。

「Surface Go」最大角度

最大角度まで広げるとSurfaceペンで書き込みやすくなる。少しだけ角度を変えて起こしたとしてもしっかり維持してくれる。自由度が高いのもキックスタンドの特徴。

「Surface Go」接続部

タイプカバーは強めの磁石でしっかりとくっついてくれる。持ち上げたぐらいでは取り外せないので、斜めにすると外しやすい。

「Surface Go」キーボード

キーボードは小さいため慣れるまで打ちづらいと思う。タッチパッドは使いやすくマウスは要らないかも。

「Surface Go」上部

上部には電源ボタンと音量調節ボタン。反対側の下部にはキーボードと接続部があるだけ。

「Surface Go」右側面

右側面に、Surface Connect ポート、USB Type-C、ヘッドホンジャック。通常はSurface Connect ポートから充電するものですが、USB Type-Cからでも充電ができることを確認しました。他のパソコンのType-CのACアダプタがあれば充電も可能です。

「Surface Go」背面

左側面は端子類がなくSurfaceペンが磁石で止まる仕様。背面にもカメラがある。

「Surface Go」ACアダプタ

ACアダプタの挿し込み部分は、収納できてかなりコンパクト、持ち運びにも邪魔にならない。

音が良くて動画の視聴も楽しめる

「Surface Go」スピーカー

本体上部の両端に少しだけ隙間があるところがスピーカーになっている。こんなに小さくてもスピーカー性能はしっかりしていて、立体的な音も感じることができた。これなら動画コンテンツも十分楽しめると思います。また、これだけコンパクトだと狭いスペースでもキックスタンドで自立できるのも便利なところ。「Surface Go」は仕事などで持ち運ぶイメージが強かったけれど、これならプライベートでも十分楽しめそうだ。

書き込むのに便利なサイズ感

「Surface Go」のサイズ感

「Surface Go」だと、片手で持って書き込むのにちょうど良いサイズ感かもしれない。「Surface Pro]」だと手に持ったまま書き込むのには少し大きい。初めは小さすぎるかと思っていたけれど、持ち運びやすく使い勝手が良いかもしれない。Surfaceペンもかなり強めにくっついているため落ちることもなさそう。画像ではわかりやすくペンを下側にしてみたけれど、反転して上にした方が良いかな。ペンは横にずらすと取りやすい。

軽度な作業ならこれで十分かも

Surfaceシリーズの中で、最小最軽量の「Surface Go」。キーボードが小さいのは妥協点ではあるけれど、持ち運びに便利なサイズで、仕事だけでなくプライベートにも十分使える。小さくても音がいいので動画鑑賞にもおすすめです。

Surface Go

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク