Sudio Ett アクティブノイズキャンセリング搭載でも格安の完全ワイヤレスイヤホン

Sudio Ett は、デザイン性が良くフィット感の優れた完全ワイヤレスイヤホン。アクティブノイズキャンセリング(ANC)に、ワイヤレス充電に対応していても価格は高くない。

スポンサーリンク

Sudio(スーディオ)

Sudio(スーディオ)は、最新テクノロジーと北欧デザインを掛け合わせたスウェーデン発のオーディオブランド。高い機能性とタイムレスなデザインを併せ持ったオーディオ製品を追求しているという。2012年に誕生し、イヤホンやスピーカーを世界40以上の国々で販売しているメーカーです。

Sudio Ett 外観レビュー

箱からは横に引き出すタイプ。上部にイヤホン本体の入ったケース、下にアクセサリーがありサイズがぴったりで少し取り出しにくかった。

ケースには本体が収納されています。一般的に販売されている完全ワイヤレスイヤホンよりも厚みがある。

イヤホンには絶縁シールが貼られているので剥がしておくこと。

デザイン性の良いフォルムに物理ボタンが付いている。上下にあるのはマイク穴で、中央にLEDインジケーター。

イヤーピース側に、うっすらと Sudio のロゴとLR。このカラーはチャコールグレーで、他のカラーだともっと認識しやすいのかも。

イヤピースを外した状態。サイズの違うピースを多く付属しています。

ケースの前面に4つのLEDインジケーター。イヤホンが充電されているときは両端が点滅。電池残量も、点灯の数で確認できる。

  • バッテリー残量75%〜100%:4つのLEDライトが点灯
  • バッテリー残量50%〜75%:3つのLEDライトが点灯
  • バッテリー残量25%〜50%:2つのLEDライトが点灯
  • バッテリー残量0%〜25%:1つのLEDライトが点灯

革のストラップが付いていて、必要なければ解いて引き抜くこともできます。

ストラップの反対側に、USB Type-C の充電端子。ケースの背面側はワイヤレス充電にも対応。

付属品に、サイズの違うイヤピース、USB Type-Cケーブル、冊子類。

Sudio Ett 仕様

製品名Sudio Ett (スーディオ エット)
製品タイプインイヤー完全ワイヤレスイヤホン
形式密閉型
ドライバーØ10 mm
ダイナミック
重さ合計: 50 g
イヤホン単体: 5 g×2
充電ケース: 40 g
防水性IPX5
通信方式Bluetooth 5.0
対応コーデックSBC
連続再生時間6時間(ケース充電含め合計約30時間)
ANC+再生時間4時間(ケース充電含め合計約20時間)
ワイヤレス充電◯ (Qi規格)
カラーブラック
ホワイト
ピンク
グリーン
チャコールグレー

デザイン性とカラーバリエーションは魅力

Sudio Ett は、<VGP 2021受賞モデル> 完全ワイヤレスイヤホン/ノイズキャンセリング(1.5万円以上2万円未満)部門受賞している。マットな質感でデザイン性も良く、他にはないカラーバリエーションがあるのも魅力だと思う。ピンクやグリーンなど、他の人と違う個性を出したい人にはピッタリかもしれない。

Sudio Ett 音質

音質は、低音から高音までバランスよく出ていて悪くはないが、個人的には物足りない気がする。アクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応していて安いのだけれど、価格に見合った音質かは微妙なところ。コーデックがSBCのみというもの残念ポイント。音質が悪いというわけではなく、デザイン性やコンセプトが良いだけに少し期待しすぎてしまったようです。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、周囲のノイズを低減してくれる機能。一般的には対応しているイヤホンは高額なものが多く、それを考えると Sudio Ett はとても安いです。

使い方は、左右どちらでも良いので操作ボタンを2秒間長押しするとオンに。もう一度2秒間押すとオフ。オンオフのみで強弱の調整はできない。切り替わったかどうかは「ノイズキャンセリングオン」「ノイズキャンセリングオフ」という音声アナウンスが流れるので認識しやすい。

ANC機能としてはそこまで強くなく、BOSEの対応製品と比べてしまうと物足りないと思う。人の話し声とかよりも、ザァーというような環境音を低減してくれるようです。全く聞こえなくなるというわけではないので、あまり期待しすぎないこと。

また通話時には、ノイズキャンセリング機能のオンオフは関係なく、自動的に有効になるようです。

Sudio Ett 装着感

見た目は少し大きめの印象だけれど装着感は快適でした。自分の耳にはぴったりフィットして、このまま運動しても大丈夫だろうと思うぐらいの安心感があります。防水性能はIPX5に対応しているため、運動用としても悪くないと思う。

イヤーピースはサイズの違うものが2種類。イヤホン本体には左側の平らなタイプと同じMサイズがあらかじめついています。XL、L、S、XSのサイズが用意されているので、ほとんどの耳の大きさにマッチしてくれそう。それと右側の丸いタイプが、L、M、Sとあるのでお好みで交換できます。

色の違うイヤーピース(イヤーチップ)も販売されているため、気分で交換しても良いかも。カラーは、ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4色。公式サイトで確認してください。

Sudio Ett 操作方法

同梱しているオーナーズガイドは日本語には対応していないのですが、QRコードを読み込むとしっかり日本語のサイトが表示されます。スクロールして製品にある Sudio Ett をタップするとクイックスタートガイドのページへ。

音楽機能通話機能
1回押す音楽の再生・一時停止通話応答または通話終了
2回押す曲送り
3回押す曲戻し
2秒間長押しANCオン・オフ着信拒否

左右どちらのイヤホンでも共通の操作となります。また6秒間長押しした場合、電源がオフになる。オンにすることはできないため、一度充電ケースに収納して取り出す作業が必要です。

イヤホンでの音量調節や、音声アシスタントを呼び出す機能はないです。

Sudio Ett 初期化方法

  1. イヤホンを接続していたデバイスのワイヤレス接続機器リスト画面に行き、Sudio Ettを登録解除します。イヤホンを複数のデバイスで使用していた場合には、すべてのデバイスで登録解除を行ってください。
  2. 両方のイヤホンを充電ケースに戻します。
  3. 左側のイヤホンだけ取り出してイヤホンのボタンを8回押し、そのまま充電ケースの外に出したままにしてください。
  4. 続いて右側のイヤホンを取り出し、同じようにイヤホンのボタンを8回クリックしてください。
  5. これらの動作が完了すると、両方のイヤホンのランプが赤と白に点滅します。それを確認したら、両方のボタンを同時に2回クリックしてください。
  6. これで動作は完了です。いったんイヤホンを充電ケースに戻してください。通常のペアリング方法で、製品をデバイスに接続します。

ワイヤレス充電に対応

ワイヤレス充電 (Qi規格)に対応しています。別売りとなりますが、ケーブルを挿す手間もなく、置くだけで充電できるのはとても便利。置くときには充電ケースの下側が中心に来るようにするのが良さそうです。

ただし急いで充電したいときは、USB Type-Cケーブルに接続して充電した方が早い。15分急速充電で1時間再生可能とのこと。

連続再生時間を計測

スマホで音楽を再生し電池残量の減り方を調べてみました。使ったスマホは OPPO A5 2020 で、音量は50%ぐらい。より消費電力の多いANCをオンにして計測。

経過時間残り%
1時間90%
2時間70%
3時間70%
4時間50%
5時間50%
6時間30%
7時間10%

電池残量の表示はバラつきがあるようで、あくまでも目安程度に。6時間57分経過したときに、プリーズチャージングという音声アナウンスが流れました。7時間15分経過で右耳が先に切れた。ANCをオンにしたときの再生時間はカタログスペックだと4時間だったので、自分の使用環境ではより長く再生できたようです。

イヤホンの充電時間は、カタログでは60分となっていますが、1時間20分ほどかかりました。充電ケースのメモリは2つまで減ったので、5回分は充電できなそうな感じです。ただ、再生時間は長かったので、1日気にすることなく十分持ってくれそう。

公式サイトで購入するメリット

Sudio Ett は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでも購入できます。いつも使っているところで購入すれば、住所の入力や支払い方法なども気にすることないのすが、公式サイトの方がメリットがあります。

割引クーポン

全商品15%OFFで購入できる クーポンコード:akrw15

カートに進み、クーポンコードを利用するから入力すると、15,215円の割引価格で購入できます。

購入プレゼントがある

記事作成時に確認できているのが、Sudio Ett 購入でLADD+をプレゼントというキャンペーンをやっている。これは5,400円もする「Sudio Ladd+ ワイヤレス充電器」のことで、持ってない人にはありがたい。いつまでか期間はわからないなので公式サイトを確認してください。

以前は、オリジナルトートバックをプレゼントというのをやっていたらしいです。

3年製品保証

Sudio Sphere登録し、製品購入後3か月以内に製品登録を行うと、製品保証期間が3年間へ延長されます。

Sudio Sphereは、より良いカスタマーエクスペリエンスをご体験いただくためのSudioのメンバーシッププログラムです。Sudio Sphereに登録することで、メンバー限定特典を受けることができます。メンバー特典には、新製品やセールへの先行アクセス、パーソナライズされた特別オファーならびにイベントへのご招待などがあり、加えて通常1年間の製品保証期間を3年間へと延長することができます。登録費や会員費は一切なく、すべて無料でご提供しています。よりお得に、より安心してお買い物をお楽しみいただけるメンバーシップです。

Sudio Ett 総評

  • デザイン性が良くカラーバリエーションも豊富
  • フィット感が良くIPX5防水でスポーツにも最適
  • ワイヤレス充電器があれば置くだけで充電可能
  • アクティブノイズキャンセリング対応(期待しすぎないこと)

ANCに対応していても安いので、特にデザイン面で個性を出したい人には向いていそうだ。逆にデメリットは、イヤホンで音量調節の操作ができない、コーデックがSBCのみということ。これらが問題なければ、公式サイトのプレゼントキャンペーンを確認してみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました